ボンベイコクタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンベイコクタン
Bark of Diospyros melanoxylon.jpg
ボンベイコクタンの樹皮
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: カキノキ科 Ebenaceae
: カキノキ属 Diospyros
: ボンベイコクタン D. melanoxylon
学名
Diospyros melanoxylon Roxb.1795[1]
シノニム
  • Diospyros dubia Wall. ex A.DC.
  • Diospyros exsculpta Bedd.
  • Diospyros exsculpta Dalzell & Gibson
  • Diospyros montana B.Heyne ex A.DC.
  • Diospyros roylei Wall. ex A.DC.
  • Diospyros rubiginosa Roth
  • Diospyros tupru Buch.-Ham.
  • Diospyros wightiana Wall. nom. inval.[2]
和名
ボンベイコクタン[3]
英名
Coromandel Ebony
East Indian Ebony

ボンベイコクタン(学名 : Diospyros melanoxylon) はカキノキ科被子植物で、インドおよびスリランカが自生地である。硬くて乾燥した樹皮を持っている。英名のCoromandel Ebonyは、インド南東部の海岸であるコロマンデル海岸から由来する。

特徴[編集]

ボンベイコクタンは、落葉高木樹である。樹皮は灰黒色で、樹皮の剥落した跡は灰色斑紋となる。小枝と花序には、灰黒色のビロード状の毛が生える。葉は、楕円あるいは卵形であり、革質である。葉柄は短く、湾曲している。果実は、球形から卵形であり、直径3.2cmである。果肉は黄色である。辺材は赤褐色で、心材は黒色である。まれに紫から褐色の縞がある。材質は緻密で、材の比重は1.19である[3]

各地の呼び名[編集]

ボンベイコクタンの葉の収集

用途[編集]

インドでは、 タバコの葉をボンベイコクタンの葉で包んたビーディス英語版[4][5]が生産されている。 果実は、食用とされる。果肉は軟らかくて甘い。材は、家具額縁彫刻車軸などの材料にされる[3]

薬用[編集]

ボンベイコクタンの葉には、有用なフラボンが含まれる[6]。葉で発見された五環性のトリテルペンは、抗菌作用がある[7]。樹皮は、血糖を下げる効用がある[8]。インドで発見された4種のカキノキ属の樹皮には、ヒトに対するマラリアの原因となる熱帯熱マラリア原虫英語版Plasmodium falciparum)に対して、抗虫効果がある[9]

脚注[編集]

  1. ^ Diospyros melanoxylon Roxb.”. Germplasm Resources Information Network. United States Department of Agriculture (2006年10月27日). 2014年8月20日閲覧。
  2. ^ The Plant List: A Working List of All Plant Species”. 2014年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c 「カキノキ科」『熱帯植物要覧』 熱帯植物研究会、北野 至克(発行者)、(株)養賢堂、東京都文京区、1991年9月30日、3版。ISBN 4-924395-03-X
  4. ^ Arvid A. Boaz 「ボンベイコクタン:たばこのための葉」『森の恵み:アジアの食べ物、香辛料、工芸品と樹脂』 パトリシア・シャンレイ、谷 明洋訳(原著2008年)、58-60頁。ISBN 978-979-1412-6672014年8月20日閲覧。
  5. ^ Lal, Pranay (25 May 2009). “Bidi – A short history”. Current Science (Bangalore, India: Current Science Association) 96 (10): 1335–1337. http://www.indiaenvironmentportal.org.in/files/Bidi.pdf 2014年8月20日閲覧。. 
  6. ^ NEW FLAVONOIDS FROM THE LEAVES OF DIOSPYROS MELANOXYLON,Uppuluri V. Mallavadhani and Anita Mahapatra
  7. ^ Antimicrobial Activity of Some Pentacyclic Triterpenes and Their Synthesized 3-O-Lipophilic Chains,Uppuluri Venkata MALLAVADHANI,*,a Anita MAHAPATRA,a Kaiser JAMIL,b and Peddi Srinivasa REDDYb , Biol. Pharm. Bull. 27(10) 1576—1579 (2004) Vol. 27, No. 10
  8. ^ Antihyperglycemic effect of Diospyros melanoxylon (Roxb.) bark against Alloxan-induced diabetic rats Jadhav J. K*.Masirkar V. J., Deshmukh V. N.International Journal of PharmTech Research CODEN( USA): IJPRIF, ISSN 0974-4304 ,Vol.1, No.2, pp 196-200 , April–June 2009
  9. ^ Investigation of Indian Diospyros Species for Antiplasmodial Properties,V. S. Satyanarayana Kantamreddi and Colin W. Wright. eCAM 2008;5(2)187–190