ボリス・シボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボリス・オシポヴィチ・シボー
生誕 1880年????
出身地 Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国トルジョーク
死没 1961年????
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ボリス・オシポヴィチ・シボーロシア語:Борис Осипович Сибор, ラテン文字転写:Boris Osipovich Sibor, 1880年[1] - 1961年)は、ソビエト連邦ヴァイオリニスト。本名はリフシツ(Лифшиц)。

略歴[編集]

トルジョークに生まれる。ヴァイオリンをレオポルド・アウアーについて学び、1904年からコンサート活動を始める。1906年にモスクワ人民音楽院の創設者となった。1909年にはセルゲイ・タネーエフの協奏的組曲の初演を行っている[2]ロシア革命ならびにロシア内戦時にはキエフに住み、その後シベリアに住んだ。そしてその後再びモスクワに戻り、1923年から母校のモスクワ音楽院の教授として教鞭をとった。1925年にはロシア連邦共和国功労芸術家の称号を贈られている。

学生ならびに家族[編集]

彼の学生には、アンドレイ・アブラメンコフ、イヴァン・ガラミアン、コンスタンチン・モストラスほかがいる。 レオポルド・アウアーの娘のナデージダ(1876~1976)と結婚した。 娘のナタリア・ボリソヴナ・シボーはハープ奏者で音楽教育家となり、グネーシン音楽大学教授であった。

出典[編集]