ボトリオレピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボトリオレピス
ボトリオレピス化石
ボトリオレピス化石
地質時代
デボン紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 板皮綱 Placodermi
: 胴甲目 Antiarchi
: ボトリオレピス科 Bothriolepidae
: ボトリオレピス Bothriolepis
学名
Bothriolepis
Eichwald1840
  • B. panderi

ボトリオレピスボスリオレピスとも呼ばれる)(学名Bothriolepis)は、古生代デボン紀後期のヨーロッパ北アメリカグリーンランド及び南極化石発掘された地域を示しているが、実際にはほぼ汎世界的に生息していたと思われる[1])に生息していた板皮類。学名は「溝のある甲羅[2]を意味する。

体長25~50センチメートル。胴体が骨板に覆われていた。淡水性[3]であったと考えられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ こういった種は汎存種と呼ばれる。
  2. ^ 平野弘道 他、『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』、小学館、2004年、p50
  3. ^ 多くの板皮類は海域に生息していた。

参考文献[編集]

  • 金子隆一『謎と不思議の生物史』北村雄一、本田成正、山本聖士、同文書院〈イラスト図解〉、1996年、108 - 110頁。ISBN 4-8103-7340-1