ホームブルーイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホップを加えた麦芽(モルト)、酵母、説明書から成る、ホームブルーイング・キットの例。

ホームブルーイング (homebrewing) は、個人が小規模かつ非商業的目的で、ビール醸造する行為。

ビールは、その発明のときから、家庭内での醸造が行われており、それは商業的な生産が始まるより何千年も先んじていた。長年の間に、その法律上の合法性は各地それぞれ多様な規制の下に置かれてきた。

歴史[編集]

ビールは、新石器時代メソポタミア(現在のイラク)、エジプト中国に始まるその7,000年に及ぶ歴史の中で、ずっと家庭内で醸造されてきた。 最初に発達したのは、粘度の高いビールで、同じ時期には蜂蜜酒果実酒ライスワインも同様に発達した。

醸造における女性英語版の存在は、人類が居住していた全ての大陸におけるアルコール類の生産において、広く見られる現象であったが[1][2]、それは醸造の商業化、工業化が起こるまでのことであった[3]。醸造の伝統は、女性の領分から始まったが、これは醸造が、採集の副産物であった[1]、また、しばしばパン焼きの一部と考えられたという事実に由来している[2]

古代ギリシア古代ローマでは、ブドウを使うワインとともに、ビールも作られていたが、その量はワインほどではなかった。ローマの女性たちは、大規模な世帯においては醸造の指揮を執り、労働は奴隷に委ねられていた。

代には、中国でも家庭内での醸造が一般的な家事の一部になっていたが、下層階級の人々は、十分に濾過されていない糖化物を作っていた[4]

18世紀産業革命は、温度計液体比重計英語版などの革新をもたらした。こうした道具が作業の効率を高めたことによって、歴史上初めて、ビールの大量生産が可能になった。1857年フランス微生物学ルイ・パスツールは、ビールの発酵における酵母の働きを説明し、醸造家たちは望ましい特性(発酵の効率、より高いアルコール分を生む能力)をもった酵母の開発に取り組むようになった。

20世紀前半を通じて、イギリスではホームブルーイングに規制があり、課税されていた1880年国内歳入法 (Inland Revenue Act) は、ホームブルーイングに免許料を導入し、5シリングを課した[5]財務大臣レジナルド・モードリン英語版は、1963年に、この醸造免許制度を撤廃した[6]オーストラリアがこれに続き、1972年ゴフ・ホイットラム首相が、それまで禁じられていた最も弱いビール以外の醸造を、首相就任後すぐに着手した法案のひとつによって、撤廃させた[7]

1920年には、禁酒法によって、アメリカ合衆国全域で醸造所は閉鎖されるか、酒造維持の目的で麦芽(モルト)を製造する工場に転換することになった。アルコール分が0.5%を超えるビールのホームブルーイングは、議会が連邦法による規制や課税を撤廃する法案を可決した1978年まで違法なままであり[8]ジミー・カーター大統領はこの法案 (H.R. 1337) に署名し、法として成立させた[9]。ホームブルーイングの完全な合法化から数ヶ月もしない間に、チャーリー・パパジアン英語版ブルワーズ・アソシーエーション (Brewers Association, BA) とアメリカン・ホームブルワーズ・アソシーエーション (American Homebrewers Association, AHA) を結成した。1984年にはパパジアンが著書『The Complete Joy of Home Brewing』を発表し、その後に発表されたグレイアム・ウィーラー (Graham Wheeler) の『Home Brewing: The CAMRA Guide』などの類書とともに、版を重ねている。

自家醸造の文化[編集]

人々が、自分のビールを自分で醸造する動機は様々である。多くは、商業的に生産された飲料品を買う方がコストが高くつくとして、これを避けて、自ら醸造する[10]。また、家庭内で醸造することは、自分の好みに合わせてレシピを調整し、市場には出回っていない飲料や、カロリーやアルコールを抑えた飲料を創り出す自由を与えてくれる[11]

一部の人々は、ホームブルーイングのクラブに参加したり、ホームブルーイングの競技会で競うこともある[12]ビール審判資格プログラム英語版 (BJCP) は、ホームブルーイング競技を監督し、審判資格を与え、判定基準を提供しているアメリカ合衆国の組織である。同様の機能をもつイギリスの組織には、ワイン・ビール審判全国ギルド (The National Guild of Wine and Beer Judges) や[13][14]、ワイン・ビールメーカー(アマチュア)全国連盟 (the National Association of Wine and Beermakers (Amateur), NAWB) がある[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b Katz, Sandor Ellix (2012). The Art of Fermentation: An In-Depth Exploration of Essential Concepts and Processes from around the World. White River Junction, Vermont: Chelsea Green Publishing. p. 273. ISBN 978-1-60358-364-0. https://books.google.com/books?id=-zmLa205d0QC&pg=PA273 
  2. ^ a b Beer in the Ancient World”. Ancient EU. Horsham, England: Ancient History Encyclopedia Limited (2011年3月2日). 2016年9月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月16日閲覧。
  3. ^ Anderson, Ray (2005). “The Transformation of Brewing: An Overview of Three Centuries of Science and Practice”. Brewery History (Carisbrooke, Isle of Wight: Brewery History Society) 121: 5-24. オリジナルの2016年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161116171741/http://www.breweryhistory.com/journal/archive/121/bh-121-005.htm 2016年11月16日閲覧。. 
  4. ^ Huang, H.T. Science and Civilisation in China, Vol. VI, No. 5. Fermentations and Food Science, p. 233. Cambridge Univ. Press (Cambridge), 2000. Accessed 8 November 2013.
  5. ^ Hansard 1803–2005”. 2009年5月1日閲覧。
  6. ^ Brewers Contact: Journal of the Craft Brewing Association”. 2006年10月10日閲覧。
  7. ^ Adelaide Times Online”. 2006年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年10月10日閲覧。
  8. ^ Papazian, Charlie (2003). The complete joy of homebrewing (3rd ed.). New York: Collins. ISBN 0-06-053105-3 
  9. ^ H.R.1337 - An Act to amend the Internal Revenue Code of 1954 with respect to excise tax on certain trucks, buses, tractors, et cetera, home production of beer and wine, refunds of the taxes on gasoline and special fuels to aerial applicators, and partial rollovers of lump sum distributions. at Congress.gov
  10. ^ Collins, Stacy Tibbetts, editor; Jim Parker, brewing consultant; photography by James (2006). Basic homebrewing: all the skills and tools you need to get started (1st ed.). Mechanicsburg, PA: Stackpole Books. ISBN 0-8117-3259-2 
  11. ^ Decreasing calories in beer by making your own
  12. ^ Craft Brewing Association”. www.craftbrewing.org.uk. 2009年7月14日閲覧。
  13. ^ National Guild of Wine and Beer Judges - Home Page”. www.ngwbj.org.uk. 2009年7月14日閲覧。
  14. ^ National Guild of Wine and Beer Judges - Beer Styles”. www.ngwbj.org.uk. 2009年7月14日閲覧。
  15. ^ NAWB - History”. www.nawb.org.uk. 2009年7月14日閲覧。