ペーパーボーイ 真夏の引力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペーパーボーイ 真夏の引力
The Paperboy
監督 リー・ダニエルズ
脚本 ピート・デクスター英語版
リー・ダニエルズ
原作 ピート・デクスター
ペーパーボーイ英語版
製作 リー・ダニエルズ
エド・カゼル3世
カシアン・エルウィズ英語版
ヒラリー・ショー
製作総指揮 マイケル・ベナローヤ英語版
ナレーター メイシー・グレイ英語版
出演者 マシュー・マコノヒー
ザック・エフロン
デヴィッド・オイェロウォ
メイシー・グレイ英語版
ジョン・キューザック
ニコール・キッドマン
スコット・グレン
ネッド・ベラミー
音楽 マリオ・グリゴロフ
撮影 ロベルト・シェイファー英語版
編集 ジョー・クロッツ英語版
製作会社 リー・ダニエルズ・エンターテインメント
ヌ・イメージ
ベナローヤ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミレニアム・フィルムズ
日本の旗 日活
公開 フランスの旗 2012年5月24日CIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年10月5日
日本の旗 2013年7月27日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,424,372[1]
テンプレートを表示

ペーパーボーイ 真夏の引力』(ペーパーボーイ まなつのいんりょく、The Paperboy)は、2012年アメリカ合衆国スリラー映画である。出演はマシュー・マコノヒーザック・エフロンジョン・キューザックニコール・キッドマン、監督はリー・ダニエルズであり、ピート・デクスター英語版による1995年の小説『ペーパーボーイ英語版』を原作としている。第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを争った[2]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは136件のレビューで支持率は44%である[3]Metacriticでは39件のレビューで加重平均値は65/100である[4]。 『The A.V. Club』では2012年最悪の映画として挙げられた[5]。『ザ・ニューヨーカー』のマイケル・シュルマンは「非常に安っぽく、無意味」と評した[6]

最も絶賛されたのは、シャーロット・ブレスを演じたニコール・キッドマンで、ゴールデングローブ賞全米映画俳優組合賞にノミネートされた。

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール リー・ダニエルズ ノミネート
全米映画俳優組合賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
オーストラリア映画協会賞 国際女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
華鼎賞[7] 国際女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
女性映画ジャーナリスト同盟賞[8] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 特別名誉賞 マシュー・マコノヒー 受賞
サターン賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
国際シネフィル協会賞[9] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
シネマブロガーアワード[10] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ポルトガル・オンライン映画批評家協会賞[11] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
オンライン国際映画賞[12] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート

出典[編集]

  1. ^ The Paperboy” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ “Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. Time Out. http://www.timeout.com/london/feature/2547/cannes-film-festival-2012-line-up-announced 2012年4月19日閲覧。. 
  3. ^ The Paperboy (2012)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年6月22日閲覧。
  4. ^ The Paperboy”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年6月22日閲覧。
  5. ^ The worst films of 2012”. The A.V. Club (2012年12月20日). 2012年12月20日閲覧。
  6. ^ Schulman, Michael (January 28, 2013). “Why "The Paperboy" Is a Camp Classic”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/online/blogs/culture/2013/01/why-the-paperboy-is-a-camp-classic.html 2013年5月31日閲覧. "I don't know if there’s an official registry of movies that are so over the top, so deliriously tawdry and nonsensical, that they earn the moniker of camp classic, but if there is I’d like to nominate Lee Daniels’s 'The Paperboy'." 
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ [3]
  10. ^ [4]
  11. ^ [5]
  12. ^ [6]

外部リンク[編集]