ベー・チェチョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベー・チェチョル
ハングル 배재철
漢字 裵宰徹
ローマ字 Bae Jae-chul
出身 大韓民国の旗 韓国
出生 1969年????
職業 歌手
ジャンル クラシック
公式サイト http://voicefactory.jp/bae.html

ベー・チェチョル(裴宰徹、ハングル:배재철、ラテン文字表記:Bae Jae-chul、1969年 - )は、韓国出身のテノール歌手[1][2][3]

大邱広域市生まれ。漢陽大学校声楽科を卒業後、イタリアに留学しヴェルディ音楽院で学ぶ。その後ヨーロッパ各地のコンクールで入賞を果たし、1998年にプロ・デビュー。2004年にザールランド州立劇場と契約する。「アジアのオペラ史上最高のテノール」とも評された[4]

2005年に甲状腺がんと診断され、手術の末に声を失ったが、2006年に日本で一色信彦(京都大学名誉教授)の声帯機能回復手術を受ける。2008年ごろより活動を再開した。

2014年、彼の半生を映画化した日韓合作映画『ザ・テノール 真実の物語』が公開された。同作ではユ・ジテがチェチョル役を演じている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヴォイス・ファクトリイ株式会社 ベー・チェチョル 紹介ページ
  2. ^ 東京書籍音楽専門館 ベーチェチョル特集「アジア史上、最高のテノール」
  3. ^ モバイルアフラック 生きる.com「生きる」ストーリー ベー・チェチョルさん
  4. ^ 日本経済新聞 夕刊 2017年7月8日 韓国から来た希望の歌声