ベーケーシュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーケーシュ県の位置

ベーケーシュ県(Békés megye)は、ハンガリーの県。県都はベーケーシュチャバ。人口は39万2千人。

概要[編集]

ハンガリーの南東端に位置する県。大平原が広がり農耕に適している。また、天然ガスも産出する。住民の多くはマジャル人だが、スロヴァキア人、ロマ、ルーマニア人などの少数民族も居住する。

16世紀後半よりオスマン帝国の支配下におかれ、18世紀にハプスブルク家の統治に入った。19世紀半ばには、ペシュト(現ブダペシュト)とベーケーシュチャバの間が鉄道で結ばれた。第一次世界大戦の結果、ハンガリーは多くの領土をルーマニアに割譲し、ベーケーシュ県がハンガリーの東端となった。しかし、ルーマニア内にも多くのマジャル人が居住しており、ルーマニアが2007年にEU加盟を果たしたこともあり、国境を越えた物的・人的交流が盛んになっている。

写真[編集]

外部リンク[編集]