ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県の位置

ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県(Borsod-Abaúj-Zemplén megye)は、ハンガリーの県。県都はミシュコルツ。ハンガリーの県のなかで、面積・人口ともに二番目の規模である。

地理[編集]

県の北境はスロヴァキアとの国境であり、県の東境でサボルチ・サトマール・ベレグ県、南東境でハイドゥー・ビハル県、南西境でヘヴェシュ県、西境でノーグラード県と接している。北部は山地であり、南部には平野が広がっている。

主な市町村[編集]

この県には以下の市町村が含まれる。

  • アバウイサーントー、ベケチ、ボドログケレスツル、ボドロゴラシ、
  • ボドログセギ、エルデーベーニェ、エルデーホルヴァチ、
  • ゴロプ、ヘルツェグクト、カーロリファルヴァ、
  • レジェシュベーニェ、マード、メゼーゾンボル、モノク、
  • オラスリスカ、オンド、ラートカ、シャーラジャダーニ、
  • シャーロシュパタク、セギロン、セレンチ、タルカル、
  • ターリャ、トカイ、トルチヴァ、ヴァーモシュイファル、
  • ヴェーガルドーおよびシャートラリヒャウィヘリ市

経済[編集]

地下資源に恵まれており、「ハンガリーのルール地方」とも称されたこの地で、第二次世界大戦後の共産党政権時代に工業化が進められた。共産党が対外的に示した成果は目覚ましいものであったが、共産党政権の崩壊後は経済の低迷が顕在化し、市場主義経済に巻き込まれる中で、ハンガリー有数の高失業率地域となった。

また、県内のトカイとその周辺は貴腐ワインの産地として有名であり、国内のみならず海外にまで幅広く輸出されている。

歴史[編集]

第二次世界大戦後、かつての3県が結びついて成立した。共産党政権下で、重点的に重化学工業の振興が図られた。しかし、東欧革命を経て共産党政権が崩壊すると、市場経済の中で深刻な不況に陥った。現在は、その多様な自然景観などを基盤として、各地で観光産業への転換が図られている。

写真[編集]

外部リンク[編集]