ベラのワンダフル・ホーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベラのワンダフル・ホーム
A Dog's Way Home
監督 チャールズ・マーティン・スミス
脚本 W・ブルース・キャメロン
キャスリン・ミション
原作 W・ブルース・キャメロン『A Dog's Way Home
製作 W・ブルース・キャメロン
ギャヴィン・ポローン
製作総指揮 ジェフリー・チャン
ロバート・J・ドーマン
T・D・ジェイクス
ユ・ドン
デリック・ウィリアムズ
出演者 アシュレイ・ジャッド
ジョナ・ハウアー=キング
エドワード・ジェームズ・オルモス
アレクサンドラ・シップ
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア
編集 デヴィッド・S・クラーク
製作会社 コロンビア ピクチャーズ
ボナ・フィルム・グループ
パライアー
配給 アメリカ合衆国の旗ソニー・ピクチャーズ
日本の旗同上
公開 アメリカ合衆国の旗2019年1月11日
日本の旗2019年11月8日
上映時間 102分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1800万ドル[2]
興行収入 世界の旗$76,087,556[2]
テンプレートを表示

ベラのワンダフル・ホーム』(原題:A Dog's Way Home)は2019年アメリカ合衆国で公開されたドラマ映画である。監督はチャールズ・マーティン・スミス、主演はアシュレイ・ジャッドが務めた。本作はW・ブルース・キャメロン2012年に発表した小説『A Dog's Way Home』を原作としている。

概略[編集]

犬のベラは飼い主のルーカスと離ればなれになってしまった。ルーカスと再会するには400マイルもの距離を自力で移動する必要があった上に、道中には険しい山岳地帯が横たわっていた。絶望的な状況だったが、ベラは「ルーカスに会いたい」という一心で歩き始めた。その旅の途中、ベラは様々な人々と出会い、彼/彼女らに慰めや幸福を与えていった。本作はベラがルーカスに再会するまでの旅模様を描き出した作品である。

キャスト[編集]

字幕版と吹替版が同時公開されているが、吹替え専門サイト『吹きカエル大作戦』では発売ソフト収録作品扱いとなっている。

役名 俳優 日本語吹替
テリー アシュレイ・ジャッド 髙梨愛
ルーカス ジョナ・ハウアー=キング 木村良平
アクセル エドワード・ジェームズ・オルモス 臼木健士朗
オリヴィア アレクサンドラ・シップ 志田有彩
ベラ シェルビー (犬)
ベラの声 ブライス・ダラス・ハワード 悠木碧
ミカ ウェス・ステュディ 宮﨑聡
ギャヴィン バリー・ワトソン 金城大和
レオン タミー・ギリス

製作[編集]

2017年11月7日、アシュレイ・ジャッドとエドワード・ジェームズ・オルモスが本作に出演するとの報道があった[3]2018年1月24日、バリー・ワトソンがキャスト入りした[4]

撮影[編集]

本作の主要撮影は2017年10月16日にバンクーバーで始まり、同年12月15日に終了した[5]

マーケティング・興行収入[編集]

2018年10月12日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[6][7]

本作は『レプリカズ』及び『人生の動かし方』と同じ週に封切られ、公開初週末に900万ドルから1000万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[8]、実際の数字はそれを若干上回るものとなった。2019年1月11日、本作は全米3090館で公開され、公開初週末に1125万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[9]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには76件のレビューがあり、批評家支持率は62%、平均点は10点満点で5.44点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ファミリー層向けの動物ドラマが好きな人たちにとっても、『ベラのワンダフル・ホーム』は最高の一本ではないかもしれない。しかし、同作における犬の冒険譚は万人受けするものであり、ハートウォーミングなものでもある。」となっている[10]。また、Metacriticには14件のレビューがあり、加重平均値は50/100となっている[11]。なお、本作のCinemaScoreはA-となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ A Dog's Way Home AMC Theaters”. 2019年1月9日閲覧。
  2. ^ a b A Dog's Way Home”. 2019年8月8日閲覧。
  3. ^ Ashley Judd, Edward James Olmos to Star in ‘A Dog’s Way Home’” (2017年11月7日). 2019年1月9日閲覧。
  4. ^ Barry Watson Joins Ashley Judd In Sony’s ‘A Dog’s Way Home’” (2018年1月24日). 2019年1月9日閲覧。
  5. ^ A Dog’s Way Home Movie From W. Bruce Cameron to Film in Vancouver” (2017年9月8日). 2019年1月9日閲覧。
  6. ^ A Dog's Way Home Trailer: Bryce Dallas Howard Voices a Sweet Puppy in 'Emotional' Adventure” (2018年10月12日). 2019年1月9日閲覧。
  7. ^ A DOG'S WAY HOME - Official Trailer (HD)”. 2019年1月9日閲覧。
  8. ^ ‘The Upside’ to Lead Quiet Box Office Otherwise Dominated by Holiday Holdovers” (2019年1月8日). 2019年1月9日閲覧。
  9. ^ January 11-13, 2019”. Box Office Mojo. 2019年1月15日閲覧。
  10. ^ A Dog's Way Home”. Rotten Tomatoes. 2019年8月8日閲覧。
  11. ^ A Dog's Way Home (2019)”. Metacritic. 2019年8月8日閲覧。
  12. ^ Why Kevin Hart’s Oscar Host Noise Didn’t Upset ‘The Upside’ At B.O.: STX Posts First No. 1 Opener With $19.5M+”. Deadline.com (2019年1月13日). 2019年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]