ベイス・オブ・ザ・ピラミッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベイス・オブ・ザ・ピラミッド(英語: base of the pyramid)は、世界の中で、所得が最も低いが人口では多数を占めるである。ボトム・オブ・ザ・ピラミッド (bottom of the pyramid) と同義。いずれもBOPまたはBoPと略す。主に、未開拓の市場という意味合いで使われる。

国際金融公社 (IFC) と世界資源研究所 (WRI) は2007年、購買力平価で年間所得が3000米ドル未満をBOP(ベイス・オブ・ザ・ピラミッド)と定義した。この層の人口は約40億人で世界人口の約72%、購買力換算での市場規模は5兆ドルで日本1国のそれにほぼ等しい(いずれも2007年当時)。

最近はボトム・オブ・ザ・ピラミッドと呼ばず、ベイス・オブ・ザ・ピラミッドを用いることが多い。この層を新たな顧客・ビジネスパートナーとするBOPビジネスが2009年より日本でも注目を浴び始めている。

変遷[編集]

  • BOPバージョン1.0
貧困層の顧客化(「貧困者に売りつける」(selling to the poor))
  • 例)石鹸洗剤のサイズを小さいパッケージに変更して、購入しやすくする。
  • BOPバージョン2.0
相互価値の創造(「creating mutual value 」、「working with the poor」)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]