ヘトウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘトウラ(ネパール語:हेटुडा)は、ネパール東部の第三州マクワンプル郡の郡都。 2011年6月22日の人口は8万5653人[1]。 英語表記を参考にして「ヘタウダ」と表記する場合が多いが、正しくは「ヘトウラ」である。 カトマンズからトリブバン・ハイウェイで132kmである。今は80kmで行かれる近道が2つあるが、まだ舗装されていない。 町は3本の川で囲まれている。 西にはラプティ川、北にはサマリ川、そして南にはカラ川が流れている。 ヘトウラはネパールでも重要な工業地帯である。 この工業地帯の立地条件は二つの国道、テライ平原を東西に走るマヘンドラ・ハイウェイとトリブバン・ハイウェイである。

脚注[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2017年1月14日