あゆみトラスト・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あゆみトラスト・ホールディングス株式会社
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区虎ノ門5-12-1虎ノ門ワイコービル3F
設立 2004年8月
業種 投資助言
代表者 高岡壮一郎
資本金 5億4760万円(グループ連結、準備金含む)[1]
主要子会社 ヘッジファンドダイレクト株式会社
ゆかしウェルスメディア株式会社
アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社
アブラハムウェルスマネジメント証券会社(香港)
外部リンク http://ayumitrust-holdings.co.jp/
テンプレートを表示

あゆみトラスト・グループは日本の企業グループ。旧グループ名はアブラハム・グループ[2]富裕層対象のサービス[3][4][5]マーケティング広告[5][6][7]投資助言業等を行うベンチャー企業[3][4][8]。持ち株会社はあゆみトラスト・ホールディングス株式会社[2]で、同社およびグループ各社の代表取締役・創業者は高岡壮一郎[3][9][注釈 1]

概要[編集]

旧グループ名はアブラハム・グループ[2]。旧グループ名に掲げる「アブラハム」はアブラハム・マズローが由来[10][11]。新グループ名の「あゆみ」は、顧客と「共に歩み続けたい」という経営方針から名付けられた[12]

沿革[編集]

2004年8月にアブラハム・グループ・ホールディングス有限会社(準備会社)設立[13][14][注釈 2]。。2005年8月に営業開始し、東大同窓会学士会と提携し東大OB限定SNS「東大OBネット」を共同で運営[16]2006年11月に純金融資産が1億円以上の会員限定SNSの「YUCASEE」(ゆかし)を開設[17][4][5]。同SNSにおける成果報酬広告料で利益を得る[18]

2008年に「ゆかしファミリーオフィス」を開始[6]。同年、アブラハム・インベストメントが、海外ファンドを専門とする投資助言会社として変更登録を受け[11]、商号をアブラハム・プライベートバンクへ変更し、運営開始[11][19]。2010年に海外展開を目的に香港に証券子会社を設立した[20][21][22]

2011年11月にアブラハム・プライベートバンクが海外限定投資信託関連の「いつかはゆかし」を運営する[11]。このアブラハム・プライベートバンクが提供する「いつかはゆかし」は、金融商品取引法における「紹介」なのか「勧誘」なのかが問題となり[23][24]、「海外の運用業者から事実上の販売手数料を受け取り、中立的な立場を逸脱したことが決定打」となって[8][23]2013年10月に6か月間の業務停止を受ける[8][10][24][注釈 3]。このとき、日本銀行副総裁であった岩田規久男が関与している懸念について報道されたが[25]、岩田自身は学習院大学教授時代にグループ会社のメディアで取材を受けていただけであり、「インタビュー以外の関係はない」、「謝礼は受け取っていない」と否定している[25]

2014年4月にアブラハム・プライベートバンクが業務再開[26]。6月に増資[27]2015年1月にはキュレーション事業「アブラハム・ウェルスマネジメント」が営業を開始した[10]

2016年1月、アブラハム・プライベートバンクが「ヘッジファンドダイレクト」に商号を変更[28]。グループも「アブラハム グループ」から「あゆみトラスト グループ」に商号を変更した[2]

構成[編集]

アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社以外は、2016年1月に現社名への変更が告知された[2]

あゆみトラスト・ホールディングス株式会社
持ち株会社、グループ経営管理。本社は東京都港区虎ノ門5-12-1虎ノ門ワイコービル3F。資本金及び準備金5億4760万円(グループ連結)[29]。旧社名はアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社[2]
アブラハムウェルスマネジメント証券会社 (AYJ854)
2010年投資専門の証券会社(在香港)[30]、2016年にMBO。
ヘッジファンドダイレクト株式会社
投資助言会社、関東財務局長(金商)第532号[2][9]。個人を対象にしたヘッジファンドに関する投資助言[31]、「いつかはゆかし」[11]を運営。
設立時の名称はアブラハム・インベストメント株式会社[32][33][2]。2008年7月15日にアブラハム・プライベートバンク株式会社へ社名変更、2016年1月に現社名へ変更。
ゆかしウェルスメディア株式会社
「YUCASEE」、「ゆかしファミリーオフィス」、「ゆかしメディア」、「海外投資新聞」を運営[34]
2013年7月にアブラハム・マーケティング株式会社設立、同年9月にアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社より事業譲渡。2015年7月にアブラハム・ウェルスメディア株式会社に商号変更、2016年1月に現社名へ変更[2][35]
アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社
金融サービス業、関東財務局長(金仲)第714号[2]

言及[編集]

日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員をつとめる弁護士の桑原義浩は、関東財務局による6カ月間の「全業務停止命令」と「業務改善命令」について、「業務停止命令の期間は最大6カ月で、業務の一部だけが対象になるケースもある(金商法52条)。つまり、全業務を6カ月間という今回の処分は、業務停止の中では最大級と言えるだろう。」と述べている[36]

関連人物[編集]

  • 島田精一 2013年までアブラハム・グループ・ホールディングス特別顧問[37]。元三井物産取締役副社長。
  • 玉置浩伸 - 2007-2012年、アブラハム・グループ・ホールディングス社外取締役。三井物産時代の先輩[誰?]として創業に関わる[38]
  • 塚本高史 - 2013年にアブラハム・プライベートバンクがCMキャラクターに起用[39]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 高岡 壮一郎(1974年(昭和49年) - )は富山県高岡市出身[10]大阪府立北野高等学校東京大学卒業[11]三井物産の海外投資審査、情報産業部門を経て[40]、アブラハムグループを起業[10]
  2. ^ 公式サイトの会社情報には2004年8月設立、2005年8月営業開始とあり[15]、「2005年創業」や「2005年起業」と記載されることもある[11][14]
  3. ^ 他企業も業務停止処分を受け、業界への影響が懸念された[23][24]金融商品取引法も参照)。

出典[編集]

  1. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/
  2. ^ a b c d e f g h i j (プレスリリース) “グループ商号並びにグループ各社の一部商号変更について”. あゆみトラスト・ホールディングス株式会社. (2016年1月18日) 2016年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c 佐々木俊尚「「平成ニューリッチ」の金銭道 ―年収一億円はざら。新しい金持ちが目指す先は―」、『文藝春秋』2006年4月号、148-156頁。NAID 40007158722
  4. ^ a b c 大林優香、天羽枝里子 (2007年10月10日) “新富裕層取り込み金融機関の営業手法改善必要”. ロイター日本語ニュース. 2016年11月5日閲覧。
  5. ^ a b c 根本佳子「新・富裕層ビジネス最前線」、『日経トレンディ』2009年3月号、67-69頁。
  6. ^ a b 「富裕層の購買・資産運用支援」『日本経済新聞』、2008年6月25日、12版、15面(新興・中小企業)(『日本経済新聞 縮刷版 2008年6月号』1437頁。)
  7. ^ 大林優香、吉瀬邦彦 (2009年5月21日) “〔富裕層マネーを追う〕30─40代は金融危機下でもヘッジファンドに積極投資”. ロイター日本語ニュース. 2016年11月6日閲覧。
  8. ^ a b c アブラハムに業務停止命令6カ月、無登録で金融商品販売=金融庁”. ロイター日本語ニュース. (2013年10月11日) 2016年10月23日閲覧。
  9. ^ a b フィンテックで個人向け資産運用業界の"破壊"に挑戦”. 経済界 (2016年1月18日). 2016年11月6日閲覧。
  10. ^ a b c d e 四分一武 (2015年3月)“アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社 代表取締役社長 高岡 壮一郎さん”. ToBeマガジン. 2016年10月25日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 気になるトップ アブラハムHD 高岡壮一郎とは何者か?」、『THE21』2013年6月10日号、2013年。
  12. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/top_message/
  13. ^ 「起業家2.0」小学館(佐々木俊尚著)頁56
  14. ^ a b アブラハム・グループ・ホールディングス”. ビズキャン. パートナーオブスターズ. 2016年11月7日閲覧。
  15. ^ アブラハム・グループ・ホールディングス株式会社”. 企業情報. あゆみトラスト・ホールディングス株式会社. 2016年11月7日閲覧。
  16. ^ 「起業家2.0」小学館(佐々木俊尚著)
  17. ^ 日本経済新聞2006年11月14日朝刊
  18. ^ 日本経済新聞2006年11月14日朝刊
  19. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)
  20. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/company/index.html
  21. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)頁262
  22. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)頁262
  23. ^ a b c 鈴木正人、柏木健佑、大浦貴史「アブラハム・プライベートバンク事件などを踏まえた投資助言業務の分析」、『旬刊商事法務』第2019号、2013年12月、16-26頁。
  24. ^ a b c 「紹介」と「勧誘」の線引きは”. 日本経済新聞. 2013年10月7日. 2016年11月6日閲覧。(『日本経済新聞』2013年10月7日、5面(金融面)。『日本経済新聞 縮刷版 2013年10月号』327頁。)
  25. ^ a b 日銀副総裁、謝礼受領を否定=アブラハムサイトに記事掲載”. 時事ドットコム. (2013年10月4日) 2013年12月23日時点のアーカイブ. 2016年11月6日閲覧。
  26. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)頁291
  27. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/topics/2014/3270
  28. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)頁342
  29. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/company/index.html
  30. ^ http://ayumitrust-holdings.co.jp/topics/2015/3329
  31. ^ https://hedgefund-direct.co.jp/intro/index.html
  32. ^ (プレスリリース)“人気の株式投資情報サイト『「M&A投資」の株式投資』で大好評の「MA投資の投資戦略レポート12月号」を12月10日に販売”. (2004年12月10日) 2004年12月29日時点のアーカイブ. 2016年11月7日閲覧。
  33. ^ アブラハムプライベートバンク:富裕層向け 投資案件発掘サービス(IES)”. (2008年) 2008年7月26日時点のアーカイブ. 2016年11月7日閲覧。
  34. ^ 富裕層向けメディア事業 ゆかしウェルスメディア株式会社”. ゆかしウェルスメディア株式会社. 2016年11月7日閲覧。
  35. ^ 会社概要、ゆかしウェルスメディア株式会社、2016年12月8日閲覧。
  36. ^ 「いつかはゆかし」のアブラハムが受けた「業務停止命令」はどれだけ重い処分か?”. 弁護士ドットコムニュース. 2017年3月25日閲覧。
  37. ^ http://archive.fo/MJnMs
  38. ^ 「起業家2.0」(佐々木俊尚著)頁52
  39. ^ 塚本高史さん出演「アブラハム積立」の新TVCMが放映開始、ヘッジファンドダイレクト、2016年12月12日閲覧。
  40. ^ 「富裕層のNo.1投資戦略」(総合法令出版)コラム「三井物産入社1年目の頃」

関連文献[編集]

外部リンク[編集]