ヘクマット・E・シーラーズィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘクマット・E・シーラーズィー
Ali Asghar Hekmat.jpg
1960年代
生誕 (1892-06-16) 1892年6月16日
イラン・シーラーズ
死没1980年8月25日(1980-08-25)(88歳)
イラン・テヘラン
政党国民戦線英語版
配偶者ヘクマット・モニル・アザム(1901–1980)
子供娘3人

ヘクマット・E・シーラーズィー1892年6月16日 - 1980年8月25日、ペルシア語:علی‌اصغر حکمت شیرازی Ali-Asghar Hekmat-e Shirazi または Mirza Ali-Asghar Khan Hekmat-e Shirazi ) は、イラン政治家外交官作家ヘクマテ・シーラーズィーとも表記される。レザー・パフラヴィーおよびモハンマド・レザー・パフラヴィーの統治下で、外務大臣英語版法務大臣英語版文化・イスラム指導大臣英語版を務めた。インドではイラン大使を務め、インドの歴史や文化について複数の著書がある。イラン革命後は、その著書や作品は無視され、本人はフリーメイソンだという烙印を押されたが、著書『インドの遺跡におけるペルシア語の碑文』がその後再版され、イランに紹介されている .[1] .[2]

[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Persian Inscriptions on the Indian Monuments” (英語). parssea (2013年4月29日). 2020年6月15日閲覧。 CC-BY icon.svg Text was copied from this source, which is available under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
  2. ^ .*Iran and India relations Dr. Mohammad Ajam.[1].
  3. ^ .*Persian Inscriptions on Indian Monuments.[2].

出典[編集]

  • Iran and India relations span centuries marked by meaningful interactions, according to renowned Iranian Scholar, Dr. Mohammad Ajam.
  • "History of Persian or Parsi Language" — Iran Chamber Society
  • soas.ac.uk
  • Aḥmad Eqtedāri, Kārvān-e ʿomr: ḵāṭerāt-e siāsi-farhangi-ehaftād sāl ʿomr, Tehran, 1993, pp. 25–26, 205.
  • Ḥasan-ʿAli Ḥekmat, "Moḵtaṣari dar šarḥ-e zendegi-e ostād ʿAli-Aṣḡar Ḥekmat", unpublished pamphlet, Tehran, 1981.
  • Hormoz Ḥekmat, interviewed by A. Milani, 23 April 2002.
  • Bāqer Kāẓemi, in Iraj Afšār, ed., Nāmahā-ye Tehrān, Tehran, 2000, pp. 416–27.
  • Komisiun-e melli-e Yunesko (UNESCO) dar Īrān, Īrān-šahr, 2 vols., Tehran, 1963–64. Reżā Moʿini, ed., Čehrahā-yeāšnā, Tehran, 1965.
  • United States Department of State, Foreign Relations of the United States, 1958–1960, Washington, D.C., 1993.
  • Mehdi Walāʾi, "Fehrest-e nosaḵ-e vaqfi-e ʿAli-Aṣḡar Ḥekmat be Āstān-e qods-e rażavi,"ṟ Nosḵahā-ye ḵaṭṭi V, 1967, pp. 1–7.

関連項目 [編集]

インドの遺跡におけるペルシア語の碑文