プロピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロピン
プロピン
プロピン
IUPAC名1-プロピン
別名メチルアセチレン
分子式C3H4
分子量40.0639
CAS登録番号[74-99-7]
密度0.53 g/cm3,
融点-102.7 °C
沸点-23.2 °C
SMILESCC#C

プロピン(propyne)は、分子式 C3H4構造式 CH3−C≡CH で表されるアルキンの一種である。メチルアセチレンとも言われる。異性体のアレンとともにガス溶接の際によく用いられる。

ロケットエンジンの推進剤としての利用[編集]

現在のモノメチルヒドラジン四酸化二窒素のシステムよりも安全で軽量なロケットエンジンの推進剤として、炭化水素液体酸素による推進剤がヨーロッパで研究されてきた。その結果、酸化剤として酸素を用いるとプロピンの比推力は370秒に達することや、高い密度、高いエネルギー密度、適度な沸点を持つことなどから低軌道用の燃料としての利点が明らかとなってきた。

有機化学での利用[編集]

プロピンは、3炭素の単位として有機合成に用いられる。濃いプロピンをn-ブチルリチウムと反応させると固体のプロピニルリチウムが得られる。これは求電子性の試薬で、ただちにカルボニル基に付加し、第二アルコールを生成する。純粋なプロピンは高価なため、この反応には混合ガスが用いられる。