プログレスM-03M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プログレスM-03M
ISSにドッキングしたプログレスM-03M
種類 Progress-M 11F615A60
所属 ロシア連邦宇宙局
宇宙ステーション ISS
ステーションメンバー 第21次長期滞在
主契約者 RSC Energia
ロケット ソユーズ-U
射場 バイコヌール Site 1/5
打上げ日 2009-10-15
01:14 UTC
軌道減衰 2010-04-27
COSPAR ID 2009-056A
ドッキング時間 186 日
ドッキング
ドッキングポート ピアース
ドッキング日時 2009-10-18
01:40 UTC
アンドッキング日時 2010-04-22
16:32 UTC
軌道
種類 LEO
軌道傾斜角 51.6°
Cargo mass
ドライカーゴ 790 kg (1,700 lb)
燃料 870 kg (1,900 lb)
420 kg (930 lb)

プログレスM-03M(Progress M-03M)は2009年10月15日に打ち上げられたプログレス補給船国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M 11F615A60、シリアル番号は403。NASAによる名称はプログレス35(略称: 35P)。

運用[編集]

2009年10月15日1時14分(UTC)、プログレスM-03Mを搭載したソユーズ-Uロケットがバイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台から打ち上げられた[1]。同月18日1時40分(UTC)にISSのピアースモジュールとドッキングし[2][3]、790kgのドライカーゴ、870kgの燃料および420kgの水をISSに補給した。

2010年4月22日にピアースとのドッキングを解除し、宇宙ステーションからのゴミや廃棄物を搭載したプログレスM-03Mは27日まで科学実験に使用された。4月27日18時7分に軌道を離脱し、太平洋上空にて大気圏再突入処分が行われた[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Russia set to launch space freighter to ISS”. RIA Novosti (2009年10月6日). 2010年10月31日閲覧。
  2. ^ JUSTIN RAY (2009年10月14日). “Latest freighter heads for International Space Station”. SPACEFLIGHT NOW. 2010年10月31日閲覧。
  3. ^ JUSTIN RAY (2009年10月17日). “Cargo ship arrives at the International Space Station”. SPACEFLIGHT NOW. 2010年10月31日閲覧。
  4. ^ NASA (2010年4月28日). “NASA ISS On-orbit Status Report”. 2010年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]