プログレスM-MIM2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プログレスM-MIM2
ISSから撮影したM-MRM2
種類 Progress-M (改造型)
所属 ロシア連邦宇宙局
宇宙ステーション ISS
ステーションメンバー 第21次長期滞在
主契約者 RSC Energia
ロケット ソユーズ-U
射場 バイコヌール Site 1/5
打上げ日 2009-11-10
14:22 GMT
軌道減衰 2009-12-08
05:27 GMT
COSPAR ID 2009-060A
非ドッキング時間 2 日
ドッキング時間 25.5 日
ドッキング
ドッキングポート ズヴェズダ天頂 (ポイスク)
ドッキング日時 2009-11-12
15:41 GMT
アンドッキング日時 2009-12-08
00:16 GMT
軌道
種類 LEO
軌道傾斜角 51.6°
重量
合計 7,102 kg (15,660 lb)
カーゴ 3,670 kg (8,100 lb)

プログレスM-MIM2ロシア語: Прогресс М-МИМ2、別名プログレスM-MRM2、元々の設計ではプログレスM-SO2[1])はプログレスM英語版の改造型で、2009年に国際宇宙ステーションポイスクモジュールを輸送するために使用された[2]。プログレスM 11F615A55を元にし、ポイスクのため与圧室が取り除かれている。シリアル番号は302[1]。ISSにモジュールを輸送したプログレスはM-MIM2以外にも2001年にピアースを輸送したプログレスM-SO1がある。

ISSにドッキングしているプログレスM-MIM2とポイスク
プログレスM-MIM2の離脱

2009年11月10日14時22分(GMT)、バイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台からプログレスM-MIM2とポイスクを搭載したソユーズ-Uロケットが打ち上げられた[2]。打上げ時のM-MIM2の総重量はポイスクモジュールの3670 kgを含む7102 kgだった[1][3]

11月12日にズヴェズダモジュールの天頂部とドッキングする。15時41分(GMT)に捕捉[4]、15時44分に最初のドッキングが完了する[5]。12月8日0時16分(GMT)にM-MIM2はポイスクからアンドッキングし、4時48分にエンジンを38秒間点火して軌道の離脱を始める。5時27分に太平洋上空で大気圏再突入を果たし、5時32分までには破壊された[6]


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c McDowell, Jonathan. “Issue 618”. Jonathan's Space Report. Jonathan's Space Page. 2009年11月13日閲覧。
  2. ^ a b Russia Launches Scientific Module To ISS”. Space-Travel.com (2009年11月10日). 2009年11月13日閲覧。
  3. ^ Bergin, Chris (2009年11月10日). “Russian module launches via Soyuz for Thursday ISS docking”. NASASpaceflight.com. 2009年11月13日閲覧。
  4. ^ Clark, Stephen (2009年11月12日). “Poisk module adds room to International Space Station”. Spaceflight Now. 2009年11月13日閲覧。
  5. ^ ISS On-Orbit Status”. NASA (2009年11月12日). 2009年11月13日閲覧。
  6. ^ ISS On-Orbit Status”. NASA (2009年12月8日). 2009年12月20日閲覧。