プカテイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プカテイン
Pukateine.png
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
81-67-4 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 442340
ChemSpider 390793 ×
ChEMBL CHEMBL258370 ×
別名 (R)-11-hydroxy-1,2-methylenedioxyaporphine
化学的データ
化学式 C18H17NO3
分子量 295.332 g/mol

プカテイン(Pukateine)は、ニュージーランドの樹木であるプカテア(Laurelia novae-zelandiae)の幹で見られるアルカロイドである。プカテアの抽出物は、マオリ族本草学鎮痛剤としてに用いられている[1][2]。プカテインの構造や活性が、中国の本草学で鎮痛剤として用いられるグラウシンテトラヒドロパルマチン等のアルカロイドと似ていることから、プカテインが活性物質だと考えられている[3]。プカテインは様々な作用メカニズムを持つが、最も影響が大きいのは、D2ドーパミン受容体アゴニストα1アドレナリン受容体アンタゴニストとなることである[4][5]

バーナード・アストンはこの化合物の物理的、化学的研究を行い、1909年5月11日にニュージーランド王立協会で論文を発表した[6]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Pukatea. Te Ara: The Encyclopedia of New Zealand
  2. ^ Pukatea. University of Otago Pharmacy Dept. Archived November 7, 2005, at the Wayback Machine.
  3. ^ Fogg WS. The Pharmacological Action of Pukateine. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics. 1935 Jun;54(2):167-187.
  4. ^ Dajas-Bailador FA, Asencio M, Bonilla C, Scorza MC, Echeverry C, Reyes-Parada M, Silveira R, Protais P, Russell G, Cassels BK, Dajas F. Dopaminergic pharmacology and antioxidant properties of pukateine, a natural product lead for the design of agents increasing dopamine neurotransmission. General Pharmacology. 1999 Mar;32(3):373-9. PMID 10211594
  5. ^ Valiente M, D'Ocon P, Noguera MA, Cassels BK, Lugnier C, Ivorra MD. Vascular activity of (-)-anonaine, (-)-roemerine and (-)-pukateine, three natural 6a(R)-1,2-methylenedioxyaporphines with different affinities for alpha1-adrenoceptor subtypes. Planta Medica. 2004 Jul;70(7):603-9. PMID 15254852
  6. ^ Aston, Bernard Cracroft (1909). “The Alkaloids of the Pukatea”. Transactions of the Royal Society of New Zealand 42. http://rsnz.natlib.govt.nz/volume/rsnz_42/rsnz_42_02_007220.html 2015年10月20日閲覧。.