ブレラ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレラ絵画館から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ブレラ美術館
Milano brera cortile.jpg
施設情報
所在地 Via Brera, 28, 20121 Milano
位置 北緯45度28分19秒 東経9度11分17秒 / 北緯45.47194度 東経9.18806度 / 45.47194; 9.18806座標: 北緯45度28分19秒 東経9度11分17秒 / 北緯45.47194度 東経9.18806度 / 45.47194; 9.18806
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ブレラ美術館Pinacoteca di Brera) は、イタリアミラノにある美術館である。「ブレラ絵画」と訳すこともある。ルネサンス期から20世紀にわたるイタリア絵画の宝庫であり、とりわけヴェネツィア派ロンバルディア派などルネサンス期を中心とした北イタリアの絵画が充実している。中部イタリアの絵画にも重要な傑作が含まれている。

沿革[編集]

ブレラ美術館の建物は、17世紀に建てられたイエズス会の施設であった。これを1772年、当時ロンバルディアも兼ねていたマリア・テレジアが入手した。ここに1776年美術アカデミーが設置され、絵画の収集が始まった。

その後、ナポレオンによって美術館として整備され、1809年、彼の誕生日を記念して開館、一般にも公開されるようになった。1882年には国立美術館として開館した。

ブレラ美術館のあるブレラ宮の建物の一角には、1764年に開設されたブレラ天文台Osservatorio astronomico di Brera)があり、19世紀末から20世紀初頭の約40年間、火星の「運河」を発見したことで有名なジョヴァンニ・スキアパレッリが天文台長を務めていたことでも知られている。現在、天体望遠鏡などの歴史的資料を一般公開している。また、天文台横には1774年に開設されたブレラ植物園Orto Botanico di Brera)がある。

主な収蔵品[1][編集]

イタリア屈指の質量を誇る絵画館であり、特にルネサンス美術を理解するために不可欠の、きわめて重要な収集がある。中でも、ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノアンドレア・マンテーニャジョヴァンニ・ベリーニカルロ・クリヴェッリ、チーマ・ダ・コネッリアーノ、ヴィット―レ・カルパッチョティントレットヴェロネーゼら北イタリア、特にヴェネツィア派の画家たちの数々の傑作・大作が所蔵されている。また中部イタリアの画家では、ピエロ・デラ・フランチェスカラファエロブロンズィーノらの代表的な名作がある。

17世紀ー20世紀の絵画についても、カラヴァッジョルーベンスフランチェスコ・アイエツセガンティーニウンベルト・ボッチョーニアメデオ・モディリアーニジョルジョ・モランディなどイタリアの画家の作品を中心に幅広い収集がある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ブレラ絵画全作品ガイド、1997年刊行、ISBN 978-888117680-9
  2. ^ 池上英洋『西洋美術史入門 実践編』筑摩書房、2014年、86頁。ISBN 978-4-480-68913-9

外部リンク[編集]