ブルーパノラマ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルーパノラマ航空
Blue Panorama Airlines
IATA
BV
ICAO
BPA
コールサイン
BLUE PANORAMA
設立 1998年
ハブ空港 フィウミチーノ空港
マルペンサ空港
保有機材数 12機
就航地 13都市
本拠地 イタリアの旗 イタリアローマ
代表者 Franco Pecci(社長)
外部リンク http://www.blue-panorama.com/
テンプレートを表示

ブルーパノラマ航空 (Blue Panorama Airlines) はイタリア航空会社ローマに本拠地を置きイタリアの主要都市からカリブ海などに定期便やチャーター便を飛ばしている。ハブ空港はローマのフィウミチーノ空港ミラノマルペンサ空港に置いている[1]

歴史[編集]

ブルーパノラマ航空は1998年にフランコ・ペッチによって設立され、同年12月より運航を開始した。当初はDistal & Itr Group (66.6%) とフランコ・ペッチ (33.4%)の共同所有であったが、現在はフランコ・ペッチが単独で所有している。また、格安航空市場に参入したブルー・エクスプレスという子会社を持っている。

コードシェア航空会社[編集]

就航都市[編集]

ブルーパノラマ航空のボーイング767-300型機

保有機材[編集]

ブルーパノラマ航空の保有機材は以下の通り[2]。(2017年11月現在)

ブルーパノラマ航空の保有機材
機種 機数
ボーイング737-300 1
ボーイング737-400 4
ボーイング737-800 4
ボーイング767-300ER 4

2017年11月時点での機体平均年齢は21.7年である[3]

注釈[編集]

外部リンク[編集]