ブルーアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルーアワーの海の風景

ブルーアワー(blue hour)は、日の出前と日の入り後の、空が濃い青色に染まる時間帯のことである。元々はフランス語のl'heure bleueに由来する。しばしば日の出前に限るとされる[要出典]

この空の色は、日中の明るい青(空色)や明け方・夕方の赤とは異なり、大気によるレイリー散乱だけでは説明できない。レイリー散乱のみを考慮した場合、薄明における空の色は淡緑ないし淡黄になると考えられる。実際には高層大気にオゾン層が存在しており、オゾンの吸収スペクトルのうちシャピュ帯(450nm-850nm)の影響が大きくなることで、濃い青色の光のみが空を照らすことになる。[1]

空の明るさが室内照明や街灯などと同程度まで減衰しているため、とくに写真映画を撮影する際に独特の雰囲気を表現できる時間帯として知られている。

参考文献[編集]

  1. ^ Hulbert, E. O. (1953). “Explanation of the Brightness and Color of the Sky, Particularly the Twilight Sky”. Journal of the Optical Society of America 43: 113-118. 

関連項目[編集]