出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

[注 1](ばん)とは、夕暮れの間の時間帯のことであり、どちらの意味でも使われる[1]。ただし、最近は「」という意味に変化しつつある[2]

概要[編集]

広辞苑には「日没後、人がまだ寝ずにいるような夜の初めの方。更に広く、夜全体を指すこともある」との記載がある[3]。一方大辞泉には夕暮れ、夕方という記載もある。

また、気象庁の予報用語には、「日暮れからしばらくの間もしくは、夜を指す[4]」という記載がある[4]

が暮れ始めて、完全に日が見えなくなるまでの時間帯を夕方と呼ぶことが多い。一方晩はそれ以降の時間帯を指すことが多い[注 2]

元々は、「ゆふべ(夕べ)」「よひ(宵)」「よ(夜)」の順で時間が遅くなり、「晩」は中世~近世にかけて使われるようになったとされる。

日本における伝説[編集]

「逢魔時」『今昔画図続百鬼』:鳥山石燕

日本ではの境である《たそがれ時》(晩)は神隠しなどの超常現象がよく起きる時刻とされてきた[5][注 3]

このような物事の見分けがつかない時間は、いわばこの世異界がまじわる時でもあったから、異界から魔物妖怪が多く出現したのである[5]。「百鬼夜行」という言葉があるように、夜はさまざまな魔物や妖怪が出没する時間帯であった[5]

この時間帯を「逢魔時(おうまがとき)」とも言う。電灯など無い時代、夜はの世界であり、人々の家のすぐそばまで異界の境は近づいていた[5]

日本書紀』の伝説には、がつくりは人間がつくったとある[5]。夜は神の世界であったから、祭りや神事の多くは、日没からあかつきにかけて行われる[5]

海外における晩[編集]

(この節の出典[6]

英語では、日没から平均的に人が寝る時間までがevening、平均的に人が寝ている時間がnightという分け方をしている。

  • 夕方 (before evening) - 17時 - 19時
  • 晩 (evening) - 19時 - 22時
  • 夜 (night, late evening) - 22時以降

言葉[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『夕・晩・夜 何が違う?』” (日本語). カンボジアで日本語の先生. 2020年6月20日閲覧。
  2. ^ 053.pdf”. NHK. 2020年6月20日閲覧。
  3. ^ 「晩」『広辞苑 第四版(CD-ROM版)』新村出岩波書店、1993年。ISBN 400130015X
  4. ^ a b 気象庁|予報用語 時に関する用語”. www.jma.go.jp. 2020年10月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 村下重雄「夜[日本の習俗]」『世界大百科事典』平凡社、1988年。
  6. ^ Difference among evening words 夕方, 夕べ, 晩, 夕?”. Japanese Language Stack Exchange. 2020年6月20日閲覧。

注訳[編集]

  1. ^ 旧字体は「」(「免」の部分が「俛」となる字形)。
  2. ^ 特に夜の中で「早い時間帯」を指す
  3. ^ 《たそがれ》は「誰(た)そ彼」であり、晩頃うす暗くて人の見分けのつかない時のことである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]