ブリング・ヒム・ホーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブリング・ヒム・ホーム(Bring Him Home)
アルフィー・ボーカバーアルバム
リリース
時間
レーベル イギリスの旗DECCA
日本の旗ユニバーサル・インターナショナル
プロデュース James Morgan
チャート最高順位
イギリスの旗 全英 9位
テンプレートを表示

ブリング・ヒム・ホーム』(Bring Him Home)は、イギリスの歌手アルフィー・ボーの通算5枚目となるカバーアルバムである。

解説[編集]

DECCAとの専属契約後のアルバム第1弾。アルフィー・ボーの名を一躍有名にしたミュージカル「レ・ミゼラブル」の代表曲をアルバムタイトルにし、世界中で愛されているミュージカルのナンバーを12曲収録。ミュージカル女優、歌手のケリー・エリス、コメディアンのマット・ルーカスがゲスト参加している。また2012年の日本版CDデビューアルバムでもある。

収録曲[編集]

  1. 彼を帰して - Bring Him Home - 3:40
  2. ピュア・イマジネーション - Pure Imagination - 3:22
  3. カム・ホワット・メイ (featuring ケリー・エリス) - Come What May(featuring Kerry Ellis) - 4:52
  4. あの山の子守唄 - Hushabye Mountain - 2:26
  5. アズ・イフ・ウィ・ネヴァー・セッド・グッバイ - As If We Never Said Goodbye - 4:51
  6. 君住む街角 - On The Street Where You Live - 3:23
  7. 魅惑の宵 - Some Enchanted Evening - 3:09
  8. 見果てぬ夢 (featuring マット・ルーカス) - The Impossible Dream(featuring Matt Lucas) - 2:53
  9. もしも私が恋したら - If I Loved You - 2:47
  10. 嘘だと言って - Tell Me It's Not True - 3:35
    • 「ブラッド・ブラザーズ」より Blood Brothers
  11. もし、世界を支配していたら - If I Ruled The World - 2:23
    • 「ピックウィック・ペーパーズ」より The Pickwick Papers
  12. 愛はすべてを超えて - We Have All The Time In The World - 3:21