ブリンクマン数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ブリンクマン数 (ブリンクマン数、Br)は壁から粘性流体に対しての熱伝導に関する無次元数であり、主に高分子加工の際に用いられる。複数の定義が存在するが、その内の一つは以下のように表される。

ここで

この値は粘性散逸によって生じる熱と分子間伝導によって輸送される熱の比を表す。すなわち、外部からの加熱に対する粘性熱生成の比である。値が大きいほど、粘性散逸によって生じる熱の伝導が遅くなり、温度上昇が大きくなる。[2][3]

スクリュー押出機の例を挙げると、ポリマーの溶融のためのエネルギーは主として二つの供給源から供給される。

  • 異なる速度の流体間のせん断により発生する粘性熱
  • 押出機の壁からの直接的な熱伝導

前者はスクリューを回転させるモーターにより供給され、後者はヒーターにより供給される。ブリンクマン数はその二種の熱の比である。

参考文献[編集]

  1. ^ Michael M. Khonsari; E. Richard Booser (28 July 2008). Applied Tribology: Bearing Design and Lubrication. John Wiley & Sons. p. 125. ISBN 978-0-470-05944-9. https://books.google.com/books?id=_EcQZJIyjpcC&pg=PA125 2012年7月19日閲覧。. 
  2. ^ Robert S. Brodkey; Harry C. Hershey (1988). Transport Phenomena: A Unified Approach. Brodkey Publishing. p. 333. ISBN 978-0-9726635-9-5. https://books.google.com/books?id=CjBTMYXM7ccC&pg=PA333 2012年7月19日閲覧。. 
  3. ^ José Pontes. COMPUTATIONAL HEAT AND MASS TRANSFER – CHMT 2001-. Editora E-papers. pp. 113–. ISBN 978-85-87922-44-1. https://books.google.com/books?id=zQx3U7_73-oC&pg=PA113 2012年7月19日閲覧。.