レイリー数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

流体力学の分野でレイリー数は流体中での伝熱に関係する無次元数である。は、レイリー数がある限界値(臨界レイリー数)以下では主に熱伝導によって伝達され、限界値以上では主に対流によって伝達される。レイリー数はグラスホフ数とプラントル数の積である。

Ra_{x,c} = Gr_{x,c} \cdot Pr = \frac{g \beta}{\nu \alpha} (T_s - T_{\infty}) x^3

ここで、

である。

垂直平板における自然対流の場合、気体や水では実験的にRa = 5×108 で層流からの変動が起こり、Ra >1010 で完全に乱流となることが知られている。

参考文献[編集]

  • 望月貞成・村田章 『伝熱工学の基礎』 日新出版、1994年ISBN 4-8173-0166-X