ブリアナ・ローリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブリアナ・ローリンズ
Brianna Rollins
Portal:陸上競技
Brianna Rollins Moscow 2013.jpg
選手情報
愛称 ブリ(Bri)[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
競技 陸上競技
種目 100メートルハードル
大学 クレムゾン大学
生年月日 (1991-08-18) 1991年8月18日(27歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
身長 5 ft 5 in (165 cm)
自己ベスト 100mH: 12秒26(2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ブリアナ・ローリンズ(Brianna Rollins、1991年8月18日 - )は、アメリカ合衆国陸上競技選手100メートルハードルを専門とする。2013年現在、アメリカ記録である12秒26を保持し、世界歴代3位に並んでいる[2]2013年全米陸上競技選手権大会ゲイル・ディバースが2000年に樹立した大会記録を更新、同年の世界陸上競技選手権大会では12秒44で金メダルを獲得した。メダルを獲得したのは8月17日で、ローリンズの22歳の誕生日の前日であった[3]

クレムゾン大学代表として過去3度NCAAで優勝している。2013年のNCAA選手権で12秒39の大会記録を叩き出した後にプロへ転向した。

人物[編集]

フロリダ州マイアミ出身[4]で、6人の弟がいる[5]。このため、家庭の経済事情には恵まれていなかったが、ニューヨーク・タイムズの取材に対し、ローリンズは「弟たちは元気で、時に迷惑をかけられるが、死ぬほど愛している」と答えている[5]。マイアミ・ノースウェスタン高等学校(Miami Northwestern Senior High School)卒業後、クレムゾン大学へ進学[1]

カルメン・ジャクソン(Carmen Jackson)監督を訪ねて陸上競技を始めたのは9歳の時で、当時のやせこけたローリンズの姿を見たジャクソンは、選手としての素質を疑ったが、練習での取り組みを見て驚愕し、才能を確信した[1]。ただ、選手として最初から成功していたわけではなく、学業との両立や恋人への執着、大学ではホームシックにかかり、冬季の寒さもあって実家に帰ってしまうこともあった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Michelle Kaufman (2013年8月21日). “Northwestern alumna Brianna Rollins hurdles adversity to become the best” (英語). マイアミ・ヘラルド. 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  2. ^ 選手情報「Newジェネレーション」|TBSテレビ:世界陸上モスクワ2013” (日本語). TBSテレビ (2013年8月). 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  3. ^ ロリンズ、誕生日前夜に女子100mハードルで金メダル 第14回世界陸上” (日本語). AFPBB (2013年8月18日). 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  4. ^ Joey Lamar (2013年6月12日). “Rollins Named USA Track & Field Athlete of the Week” (英語). 全米陸上競技連盟. 2013年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  5. ^ a b Christopher CLAREY (2013年8月13日). “American Hurdler Puts Her Potential on the Starting Line” (英語). AFPBB. 2013年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]