ブランシュ・ド・ブルゴーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブランシュ・ド・ブルゴーニュ

ブランシュ・ド・ブルゴーニュ(Blanche de Bourgogne, 1296年 - 1326年4月29日)は、フランス王シャルル4世の王妃。ブルゴーニュ伯オトン4世アルトワ女伯マティルドの娘として生まれる。姉ジャンヌは夫の兄フィリップ5世の王妃。

1308年、シャルルとコルベイユで結婚した。

1314年に発覚した不倫スキャンダルにより、王太子ルイ(後のルイ10世)妃マルグリット、姉ジャンヌとともに捕らえられ、ガイヤール城に幽閉された。彼女は身の潔白を訴え続けるが、シャルルは決して許さず、そのまま幽閉を続行させた。姉ジャンヌのみ許されて宮廷に戻り、ルイ10世の即位に伴い幽閉されたまま王妃となったマルグリットは翌年死去した。

1322年にシャルル4世が即位するとともに、マルグリットと同様に幽閉されたまま王妃となるが、同年5月にローマ教皇ヨハネス22世から結婚の無効が許可されたため、称号は剥奪された。ポントワーズの僧院で幽囚の身のまま1326年に死去した。1男1女をもうけていたが、幽閉中にいずれも夭逝した。