サン=トゥアン=ロモヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint-Ouen-l'Aumône
Blason de Saint-Ouen-l'Aumône.svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ドワーズ県
(arrondissement) ポントワーズ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 95572
郵便番号 95310
市長任期 アラン・リシャール
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Cergy-Pontoise
人口動態
人口 22 876人
2007年
人口密度 人/km2
住民の呼称 Saint-Ouennais
地理
座標 北緯49度03分00秒 東経2度07分00秒 / 北緯49.0500度 東経2.1167度 / 49.0500; 2.1167座標: 北緯49度03分00秒 東経2度07分00秒 / 北緯49.0500度 東経2.1167度 / 49.0500; 2.1167
標高 平均:25m
最低:22m
最高:58m
面積 12.21km2
Saint-Ouen-l'Aumôneの位置(フランス内)
Saint-Ouen-l'Aumône
Saint-Ouen-l'Aumône
公式サイト http://www.ville-saintouenlaumone.fr
テンプレートを表示

サン=トゥアン=ロモヌSaint-Ouen-l'Aumône)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ドワーズ県コミューン

地理[編集]

オワーズ川の左岸、ポントワーズの対岸に位置する。元々は農村であり、1860年代以降は労働者のまちであった。現在は自治体間連合セルジー=ポントワーズを構成するニュー・タウンの1つである。1980年代半ば以降、サン=トゥアン=ロモヌはヨーロッパ有数の規模のビジネス・パーク所在地である。

由来[編集]

1170年、Odo de Eleemosynaの名が記された[1]。l'Aumoneは封土の名称であったが、この名前をどこにも見つけることができない。同時代にはVilla S. Audoeniの名が見つかっている。15世紀のプイェ教区の公文書にCuratus S. Audoeni juxta Pontisaramが記されている。1486年にはCapellanus S. Hilarii infra metas Parochiae S. Audoeni juxta Pontisaramの記載がされている。

歴史[編集]

ルテティアからリールボンヌへと通じるカエサルの道(fr)が交差する所に、サン=トゥアン=ロモヌのまちができた。サン=トゥアンとはダゴベルト1世の助言者でルーアン司教であった聖ウアンに由来する。683年、聖ウアンの遺体はこの地で一晩を過ごした。12世紀のロモヌには、サン=ラザールのハンセン病病院があった。18世紀まで、この地はモービュイッソン(Maubuisson)と呼ばれていた。村は政治的にも軍事的にもポントワーズに依存していた。実際、ブランシュ・ド・カスティーユが建てたモービュイッソン修道院の周りに村はあり、経済活動は医療と信仰で発展していった。

19世紀半ば、サン=トゥアン=ロモヌは農村から都市への人口移動で活気付いていた。パリ=ポントワーズ間の鉄道路線開通の恩恵も受け、第一次世界大戦前夜には人口3000人に達していた。

第二次世界大戦後、住宅危機によって多くの集合住宅が建てられ、1970年代からセルジー=ポントワーズのニュー・タウンが誕生した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
6985 9957 15 948 17 098 18 673 19 660 22 876

source=Cassini[2]とINSEE[3]

交通[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]