ブラサック=レ=ミーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Brassac-les-Mines
Blason ville fr Brassac-les-Mines (Puy-de-Dôme).svg
BrassaclesMinesdepuisMarnant.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) イソワール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 63050
郵便番号 63570
市長任期 イヴ=セルジュ・クローズ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Bassin minier Montagne
人口動態
人口 3300人
2012年
人口密度 458人/km2
住民の呼称 Brassacois - Brassacoises
地理
座標 北緯45度24分53秒 東経3度19分47秒 / 北緯45.4147222222度 東経3.32972222222度 / 45.4147222222; 3.32972222222座標: 北緯45度24分53秒 東経3度19分47秒 / 北緯45.4147222222度 東経3.32972222222度 / 45.4147222222; 3.32972222222
標高 平均:m
最低:395m
最高:533m
面積 7.20km2
Brassac-les-Minesの位置(フランス内)
Brassac-les-Mines
Brassac-les-Mines
公式サイト http://www.brassaclesmines.fr/
テンプレートを表示

ブラサック=レ=ミーヌBrassac-les-Mines)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン

名称[編集]

コミューンの名がブラサック=レ=ミーヌとなったのは1886年からである[1]。以前は単にブラサックであった。現在の名称は、1886年11月20日のコミューン議会で正式に決定したものである。副知事は、郵便局からの要請に応答するようコミューンの首長に依頼した。フランス国内に複数ある同名のコミューンへの誤配問題を避けるために、ブラサックは『郵便物に関心を持ってもらう観点から』ブラサック=レ=ミーヌに改名した。

地理[編集]

ブラサック=レ=ミーヌは県南部にあり、オート=ロワール県サント=フロリーヌと接している。クレルモン=フェランから50km離れており、イソワールブリウドからは等しく約15km離れている。

コミューンはA75のシャルボニエ出口から近い。ブラサック=レ=ミーヌ-サント=フロリーヌ駅には、TERオーヴェルニュの路線が通る。

由来[編集]

居住地の名前は9世紀にはBraciacusであったと認められている[2]。これはガロ=ローマ型のガリア語BRACIACUである。ガリア語起源のBrav-を基本として、ガリア語の接尾辞-aconがつき、ラテン語化して(i)-acumとなり、中世の公文書では(i)-acusとなった。ガリア語の男性名Bracusに由来するガロ=ローマ語Braciusを参照することが可能である[3]

歴史[編集]

バイヤールのやぐら

バイヤールの井戸の上に設置された巻上げやぐらは、ブラサックの採掘の歴史を現している。17世紀から採掘が始まり、1978年に炭鉱は閉鎖された。バイヤールの巻き上げやぐらは最後までよく稼動した。石炭はアリエ川をボートで運ばれていった。1640年代にブリアーヌ運河が開き、アリエ川からセーヌ川へ接続され、パリへの輸送が可能になった。1855年から鉄道のイソワール路線が開通すると、石炭は列車で運搬された。鉱区内には20の巻き上げやぐらがあるが、保存されているのはバイヤールとラ・コンベルの2つだけである。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
3482 3685 4040 3883 3446 3249 3287 3300

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[4]、2004年以降INSEE[5][6]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Compte rendu conseil municipal
  2. ^ アルベール・ドーザ および Charles Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieu en France, Paris, Librairie Guénégaud,‎ (ISBN 2-85023-076-6), p. 109a
  3. ^ Albert Dauzat et Charles Rostaing, op. cit.
  4. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=5616
  5. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  6. ^ http://www.insee.fr