ブライアン・ドラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ドラッカー

ブライアン・ドラッカー(Brian J. Druker、1958年 - )はアメリカ合衆国腫瘍学者。現在、オレゴン健康科学大学およびハワード・ヒューズ医学研究所に所属している。

来歴[編集]

カリフォルニア大学サンディエゴ校を卒業後、チロシンキナーゼファミリーの病気への関連性について研究を行う。慢性骨髄性白血病がチロシンキナーゼ活性の異常によって起こることがわかるとそれに研究対象を絞り、同時に治療法の確立を目指した。このときノバルティスはドラッカーの研究室で開発された手法を使用して種々のキナーゼ阻害剤を合成していた。ドラッカーはそのうち、STI571が白血病細胞を死滅させる一方、正常細胞には影響を与えないことを発見した。この試薬は後に、ノバルティスから慢性骨髄性白血病治療薬イマチニブ(商品名グリベック)として発売された。ドラッカーは現在、Bcr-Abl遺伝子の突然変異によってグリベックへの抵抗性を獲得した白血病に対する治療薬の開発を目指している。

受賞歴[編集]