ブトワル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブトワル
बुटवल
Butwal city.jpg
位置
ブトワルの位置(ネパール内)
ブトワル
ブトワル
ブトワル (ネパール)
座標 : 北緯27度42分 東経83度28分 / 北緯27.700度 東経83.467度 / 27.700; 83.467
行政
ネパールの旗 ネパール
  ルンビニ州
 郡 ルーパンデヒ郡
 市 ブトワル
地理
面積  
  市域 101.61 km2
標高 150 m
人口
人口 (2021年11月11日現在)
  市域 195,054人
    人口密度   1,920人/km2
  備考 予備調査結果
その他
等時帯 ネパール標準時 (UTC+5:45)

ブトワル(ネパール語: बुटवल, Butwal)は、ネパールルンビニ州ルーパンデヒ郡に属する都市。地方自治体としての正式名称はブトワル準大都市 बुटवल उपमहानगरपालिका 英語: Butwal Sub-Metropolitan City)。 2021年国勢調査の人口は19万5054人[1]。 面積は101.61km2

概要[編集]

首都カトマンズから西に240km離れている。

二つの大きな病院がある。ブトワル郡病院(国立病院である)と、女性と子供専門のAMDA病院である。 ブトワルには多くの学校や大学がある。ブトワル複合キャンパスは国立大学で、5000人以上の学生が芸術、教育、科学を学んでいる。 バイラハワと異なり、ブトワルの人口の過半数は丘陵部の民族である。

近くの場所は: チャランガ デヴィナガル マイチリ パテャ アマル パテャ ゴル パルク ミラン チョク ラジャ マルガ カリカナガル デビ ナガル ハツ ブジャル デプ ナガル パリ ブトワル タアム ナガル

歴史[編集]

1932年にラマピテクスの化石がティナウ川英語版で見つかった。

脚注[編集]

  1. ^ Nepal/Cities & Municipalities”. Citypopulation.de (2022年2月11日). 2022年3月5日閲覧。

関連項目[編集]