ブテア属 (マメ科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブテア属
STS 001 Butea monosperma.jpg
ハナモツヤクノキ(Butea monosperma)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: インゲン連 Phaseoleae
: ブテア属 Butea
学名
Butea Roxb. Willd.
タイプ種
Butea monosperma
(Lamarck) Kuntze
和名
ブテア属
柳鉚属
英名
flame of the forest
bastard teak

ブテア属 (Butea) はマメ亜科に属する被子植物の一つ。インドから東南アジアにかけて広く分布する。柳鉚属とも。

分類[編集]

Butea frondosa
膠蟲樹ともいい、膠蟲(ラックカイガラムシ:Laccifer lacca)の分泌する樹脂を採取してラッカーに用いられる。
ハナモツヤクノキ (花没薬樹、Butea monosperma)
ラックカイガラムシの宿主としてしられる。ラックカイガラムシの分泌する樹脂を採取して、花没薬(はなもつやく)という生薬や染色の臙脂に用いられる。
ツルハナモツヤクノキ (Butea superba)
タイ王国を流れるメコン川流域の落葉樹林帯に自生する蔓性の植物。原住民族のカレン族モン族の間で、古くから滋養強壮生薬として伝承されてきた。薬用成分には副腎皮質ホルモンの一つでDHEAが含まれ、日本ではソフォンともいう。[1]
馬鹿花・紫鉚樹(しきょうじゅ) (Butea suberecta)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]