ブイヨン城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブイヨン城
Château de Bouillon
ベルギーの旗 ベルギー
Bouillon (Belgique); le vieux pont sur la Semois et le château-fort (Xe–XVIe siècles).jpg
スモワ川にかかる石橋
Bouillon - Château-fort et cité (1).jpg
ブイヨン市街から望むブイヨン城
ブイヨン城の位置(ベルギー内)
ブイヨン城
ベルギー内のブイヨン城の位置
座標北緯49度47分34秒 東経5度03分55秒 / 北緯49.7927度 東経5.0653度 / 49.7927; 5.0653
種類
施設情報
一般公開されている

ブイヨン城フランス語: Château de Bouillon)とは、ベルギーリュクサンブール州ブイヨンにある中世の城塞である。

歴史[編集]

988年に文献に初出する[1]。それ以前には既に現在の位置に城があったとされている。城はスモワ川畔の岩がちな尾根に位置している。

1082年ゴドフロワ・ド・ブイヨンがブイヨン城に入植したが、後にリエージュ司教のオツベル英語版第1回十字軍の融資の見返りとして売り払っている。この城は後にセバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバンによって改修された。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Bouillon at castles.org