フロントネー=ロアン=ロアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Frontenay-Rohan-Rohan
Blason ville fr Frontenay-Rohan-Rohan (Deux-Sèvres).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏Proposed design for a flag of Aquitaine-Limousin-Poitou-Charentes.svg
(département) ドゥー=セーヴル県Blason département fr Deux-Sèvres.svg
(arrondissement) ニオール郡
小郡 (canton) フロントネー=ロアン=ロアン小郡
INSEEコード 79130
郵便番号 79270
市長任期 ベルナール・バロー
2015年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Niortais
人口動態
人口 2946人
2013年
人口密度 87人/km2
住民の呼称 Frontenaisiens
地理
座標 北緯46度15分20秒 西経0度32分19秒 / 北緯46.2555555556度 西経0.538611111111度 / 46.2555555556; -0.538611111111座標: 北緯46度15分20秒 西経0度32分19秒 / 北緯46.2555555556度 西経0.538611111111度 / 46.2555555556; -0.538611111111
標高 平均:m
最低:2m
最高:47m
面積 km2
Frontenay-Rohan-Rohanの位置(フランス内)
Frontenay-Rohan-Rohan
Frontenay-Rohan-Rohan
公式サイト www.frontenayrr.fr
テンプレートを表示

フロントネー=ロアン=ロアンFrontenay-Rohan-Rohan)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドゥー=セーヴル県コミューン。かつてはフロントネー=ラバテュ(Frontenay-l'Abattu)といい、サントンジュに属する。

地理[編集]

ニオールの人口集塊内にあるコミューンで、小郡庁がおかれ、商店や小学校、中学校がある。ポワトヴァン湿地に近接しており、ニオールから10kmほどの距離にあるため、快適な生活がもたらされている。旧ポワトゥー=シャラント地域圏の主要都市に素早く移動でき、ラ・ロシェルへはおよそ30分、ポワティエへはおよそ1時間である。旧地域圏北部の主要大学都市となっている、ラ・ロシェルおよびポワティエは、若いフロントネー住民をその高等教育で歓迎している。

歴史[編集]

中世に初めて名づけられた名はフロントネーであった。その後リュジニャン領主のものとなった。1242年にユーグ10世・ド・リュジニャンが、アルフォンス・ド・ポワティエルイ9世の兄弟に対して反乱を起こしたとき、町は15日間にわたって包囲された後に王軍に陥落させられた。報復で、町を取り巻いていた城壁が壊され、町はフロントネー=ラバテュと呼ばれるようになった[1]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
1746 1813 2097 2450 2571 2653 3043 2946

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

ゆかりの人物[編集]

  • バンジャマン・ド・ロアン(fr) - フロントネー公、スービーズ公
  • マルグリット・ド・ロアン(fr) - フロントネー公爵夫人

脚注[編集]

  1. ^ Robert Ducluzeau. Alphonse de Poitiers - Frère préféré de Saint Louis. La Crèche : Geste éditions, 2006. 239 p. ISBN 2-84561-281-8, p 48
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=14276
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr