フレデリック・カーランド・ウィリアムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・カーランド・ウィリアムス
国籍 イギリスの旗 イギリス
生誕 1911年6月26日
イギリスの旗 イギリスグレーター・マンチェスターストックポート
死没 1977年8月11日 (満66歳没)
イギリスの旗 イギリス、グレーター・マンチェスター、マンチェスター
業績
所属機関 マンチェスター大学
プロジェクト Manchester Mark I
テンプレートを表示

サー・フレデリック・カーランド・ウィリアムス: Sir Frederic Calland Williams1911年6月26日 - 1977年8月11日)は、イングランド工学者[1][2]。通称はフレディ (Freddie)。大英帝国勲章コマンダー (CBE)。王立協会フェロー (FRS)[3]

経歴[編集]

マンチェスター・ビクトリア大学を卒業後、オックスフォード大学モードリン・カレッジ英語版に進学し、1936年に博士号を取得[4]

電気通信研究財団英語版で働き、第二次世界大戦中はレーダーの開発に関与した。

1946年、マンチェスター大学の電気工学科の学科長に就任。そこでトム・キルバーンと共にプログラム内蔵式のデジタルコンピュータ Manchester Mark I を開発した。

初期の記憶装置として使われたウィリアムス管の発明で知られている。

1945年に大英帝国勲章オフィサー(OBE)を[5]、1961年に大英帝国勲章コマンダー(CBE)を受勲し[6]、1976年にナイトに叙された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kilburn, T.; Piggott, L. S. (1978). “Frederic Calland Williams. 26 June 1911-11 August 1977”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 24: 583. doi:10.1098/rsbm.1978.0020. 
  2. ^ “Corrigenda: Frederic Calland Williams. 26 June 1911-11 August 1977”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 25: 0–1. (1979). doi:10.1098/rsbm.1979.0001. 
  3. ^ Williams; Sir; Frederic Calland (1911 - 1977)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2013年1月6日閲覧。
  4. ^ Williams, Prof. Sir Frederic (Calland)”. Who Was Who. Oxford University Press (2007年12月). 2009年2月5日閲覧。
  5. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36869, pp. 121–124, 1944年12月29日. 2013年1月6日閲覧。
  6. ^ London Gazette: (Supplement) no. 42370, p. 4154, 1961年6月2日. 2013年1月6日閲覧。
  7. ^ London Gazette: (Supplement) no. 46919, pp. 8015–8016, 1976年6月4日. 2013年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]