フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ
Friedrich
Frédéric de Hohenzollern.jpg
フリードリヒ(1917年)
配偶者 マルガレーテ・フォン・ザクセン
子女
全名
家名 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家
父親 ヴィルヘルム
母親 マリア・テレジア
出生 1891年8月30日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtümer Mecklenburg.svg メクレンブルク=シュヴェリーン大公国ハイリゲンダム
死亡 1965年2月6日(満73歳没)
西ドイツの旗 西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡クラウヒェンヴィース
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンドイツ語: Friedrich von Hohenzollern-Sigmaringen, 1891年8月30日 - 1965年2月6日)は、プロイセンの王族。

生涯[編集]

1891年8月30日、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムとその最初の妻であったマリア・テレジア両シチリア王子ルイジの娘)の間に長男(第2子、双子の一人目)としてハイリゲンダムで生まれた。

1920年6月2日ザクセン王女マルガレーテフリードリヒ・アウグスト3世の次女)とシュレージエンのジビレノルト(現在のポーランド共和国ドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ郡英語版シュチョドレ英語版)で結婚した。

1927年に父が死去すると、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯家英語版の家長位を継承した。

1965年2月6日バーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡英語版クラウヒェンヴィース英語版で死去した。ホーエンツォレルン侯家の家長位は長男のフリードリヒ・ヴィルヘルムが嗣いだ。

子女[編集]

マルガレーテとの間に以下の4男3女を儲けた。

フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
先代:
ヴィルヘルム
ホーエンツォレルン侯家家長
1927年 - 1965年
次代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム