フリッツ・カッシーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリッツ・カッシーラー
Fritz Cassirer
基本情報
出生 1871年3月29日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ヴロツワフ
死没 1926年11月26日(満55歳没)
ドイツの旗 ドイツ国 ベルリン
ジャンル クラシック
職業 指揮者

フリードリヒ(フリッツ)・レオポルト・カッシーラーFriedrich (Fritz) Leopold Cassirer 1871年3月29日 - 1926年11月26日)は、ドイツ指揮者

生涯[編集]

カッシーラーはヴロツワフに生まれた。父のユリウスは9人兄弟であり、妻のユルヒャー(ユリー)(Julcher (Julie))とは祖祖父を同じくする遠い親戚だった[1]。フリッツはハンス・プフィッツナーグスタフ・ホーレンダードイツ語版に師事して音楽を学び、後にリューベックポズナンザールブリュッケンエルバーフェルトとドイツのオペラハウスの指揮者を歴任した[2]

カッシーラーがエルバーフェルトのオペラハウスの職に就いていた時、同僚のハンス・ハイムが彼にフレデリック・ディーリアスの音楽を紹介した。ディーリアス作品のドイツ国内での知名度は低く、また国外でもほとんど知られていない頃だった[3]。ハイム同様カッシーラーも、ディーリアスの音楽を世に広めるのに大きな役割を果たすことになる。彼は1904年にエルバーフェルトでディーリアスのオペラコアンガ英語版」を初演し、ディーリアスの世俗的合唱曲「人生のミサ」の作曲に当たっては、作曲者がニーチェの詩を抜粋するのを手助けした。また、1907年にはオペラ「村のロメオとジュリエット英語版」のベルリン・コーミッシェ・オーパーでの初演を取りまとめた[2]

コーミッシェ・オーパー会社の一員として1907年に同団体と共にロンドンを訪れたカッシーラーは、オッフェンバックの「ホフマン物語」を上演した[4]。ロンドンでいくつかのコンサートで指揮台に上がった彼であったが、その中ではトーマス・ビーチャムのニュー・シンフォニー・オーケストラとも共演し、ディーリアスの「アパラチア」を演奏している。その時までディーリアスの音楽を全く知らなかったビーチャムは驚嘆し、以降生涯を通じてディーリアス音楽に身を投じることになった[5]。ビーチャムはカッシーラーに関して「やや好みが難しいながらも、天性の良さ」があると称賛していた[6]

カッシーラーはニューヨークマンハッタン・センター英語版からの出演依頼を断った後、ミュンヘンで隠居暮らしを始め、余生を哲学文学の研究に費やした。彼はベルリンで55年の生涯を閉じた[2]

私生活[編集]

カッシーラーはリリー・ディスペッカー(Lily Dispecker)と結婚した。2人は一人娘のエファ・シャルロッテ・カッシーラー(Eva Charlotte-)を授かった。エファは父の従兄弟であったフリードリヒ・ヴィルヘルム・カッシーラー(この人物もフリッツとして知られる)と結婚する。彼は一時期ベルリンのドイツ座英語版を運営し、またマックス・ラインハルトの興行マネージャーも務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Falk, Jim. "Cassirer and Cohen: histories, relatives and descendants", accessed 7 January 2012
  2. ^ a b c Blyth, Alan, "Cassirer, Fritz." Grove Music Online. Oxford Music Online, accessed 6 November 2010 (要購読契約)
  3. ^ Carley, Lionel, " Hans Haym: Delius's Prophet and Pioneer", Music & Letters, Vol. 54, No. 1 (January 1973), pp. 1-24, accessed 6 November 2010 (要購読契約)
  4. ^ The Times, 18 April 1907, p. 8
  5. ^ Beecham, pp. 63–4
  6. ^ Quoted in Blyth (Grove Online)

参考文献[編集]

  • Beecham, Sir Thomas (1944). A Mingled Chime – Leaves from an Autobiography. London: Hutchinson. OCLC 592569600

外部リンク[編集]

Cassirer family tree