フランツ・ベンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランツ・ベンダ
Franz Benda
Frantisek Benda 2.jpg
基本情報
生誕 1709年11月22日
死没 1786年3月7日(満76歳没)
職業 作曲家、ヴァイオリニスト
テンプレートを表示

フランツ・ベンダFranz Benda)、またはチェコ語フランティシェク・ベンダFrantišek Benda, 1709年11月22日 - 1786年3月7日)は、ドイツ作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

フランツ・ベンダはハンス・ゲオルク・ベンダ(1686-1757)とその妻ドロテア(フランティシェク・クサヴェル・ブリクシの父の従姉)の間に、長男として生まれた。父は亜麻布織のマイスターで、職業音楽家ではなかったが、居酒屋や結婚式でよく演奏していた。その父からベンダはオーボエ、シャルマイおよびツィンバロムを習ったほか、地元教会のカントル、アレクシウスにオルガン作曲および歌唱を習った。ベンダは幼少期にプラハイエズス会で学んだが、10歳でドレスデンへ移り、ここで教会の聖歌隊員となる。一年半後、ホームシックとなり一旦家族のもとへと帰るが、その後再びプラハに赴き、15歳まで教会でアルト歌手を務めた。このプラハ滞在中の1723年、神聖ローマ皇帝カール6世の戴冠式のために作曲されたオペラ《コンスタンツァとフォルテッツァ》の上演に、ベンダは歌手として参加している[1]

アルトの声域を失った後は故郷へと一旦戻るが、1726年に、当時仕えていたクライナウ伯爵の推薦でウィーンへと旅立った。その後は各地を転々としながら音楽活動を続けていたが、1730年に、ポーランドワルシャワ郊外に居を構える群知事の宮廷に採用され、2年半ばかりその楽団で楽長を務めた。この年、彼はプロテスタントに改宗した。1732年、ポーランド王室楽団にヴァイオリン奏者として採用され、当時のアスグスト2世(ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世)の死去に伴い、翌年の1733年、ドレスデンに移動した。その後間もなく、当時のプロイセン皇太子フリードリヒの宮廷楽団に、コンサートマスターとして招聘された。この招聘は、彼のフルート教師であったヨハン・ヨアヒム・クヴァンツを介して行われた。

ベンダはルッピンに着いた日に、フルートをたしなんでいた王子とともに演奏会を開いた。王子の礼拝堂において、ベンダは首席ヴァイオリニストの地位を得た。その後ベンダはルッピンとラインスベルクでさらに音楽技術を磨くことが出来た(特にクヴァンツやグラウン兄弟の助けによるところが大きい)。1740年5月31日にフリードリヒはプロイセン王に即位し、彼の礼拝堂は全てベルリンポツダムへ移された。

1739年、ベンダはコルベルクの検閲官の娘エレオノーラ・ステフェインと結婚する。彼女は1758年に亡くなり、その4年後にベンダは彼女の姉妹であるカロリナ・ステフェインと再婚する。双方の妻との間には8人の子が生まれた。

1742年、ベンダの家族はフリードリヒとともにベルリンへ移った。フランツ・ベンダは弟のヨーゼフゲオルクにはヴァイオリンを、妹のアンナ・フランツィスカには唱歌を教えた。まもなくフランツの弟であるヨハン、ヨーゼフ、ゲオルクも礼拝堂に勤めるようになった。痛風の進行のため、1767年頃からベンダは立ち上がることが困難になっていった。1771年にヨハン・ゴットリープ・グラウンが亡くなった後、ベンダは後任のコンサートマスターとなった。また1773年にクヴァンツが亡くなると、フリードリヒ2世の音楽面での指導者となった。フランツ・ベンダはこの2つの地位についたまま1786年3月7日にポツダムで逝去した。

音楽[編集]

協奏曲18曲、ソナタ約140曲を中心として、ベンダはその作品のほとんどをヴァイオリンのために作曲した。自伝の執筆後、依頼者(フリードリヒ・ヴィルヘルム・マールプルク)へ宛てた手紙の中で、ベンダは率直に、鍵盤楽器の演奏が達者でないために、対位法を用いた作品は作曲してこなかったと述べている。同時に彼は、幼い頃からの歌唱経験を生かして、ヴァイオリン・ソナタを歌唱的に作曲しようとした、とも述べており、自身の持つ音楽の才能をできる限りの方法で作品に反映させようとした姿勢が伺える。

 作品の録音数も多くないため、今日ベンダの音楽様式が広く一般に理解されているとは言い難い。グラウン兄弟やクヴァンツから作曲の指導を受けたということも影響して、彼の作品の様式は、グラウンとクヴァンツのものと似通っている部分を多く持つ。言い換えれば、ベンダのまた、ベルリン楽派の作曲家の一人であった。後期バロックの特徴と、ロンバルディア様式の代表的特徴である逆付点のリズムの多用、および「歌唱的な」旋律的性格を彼の作品には見いだすことができる。

 ベンダはヴァイオリニストとしても、彼に教えを受けたヴァイオリニスト達(弟のヨーゼフ・ベンダやゲオルク・ベンダ、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルストヨハン・フリードリヒ・ライヒャルト、クリスティアン・フリードリヒ・ゲオルク・ベルワルドなど)によって高く評価され、後世に名を残すこととなった。

子孫[編集]

フランツ・ベンダの子のうち、フリードリヒ・ベンダは室内楽の作曲家として知られている。フランツの娘マリー・カロリーナ・ベンダはウィーンのピアノ調律師エルンスト・ヴィルヘルム・ヴォルフ夫人となり、その妹ユリアーネ・ベンダはベルリンの作詞家ヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトと結婚した。フランツ・ベンダの末裔は現在も音楽活動を続けている。

資料[編集]

 アメリカの音楽学者ダグラス・リーによる作品カタログが存在しているので[2]、今日の私たちはベンダの作品の全容を比較的容易に知ることができる。約30年前に出版されたということもあり、今日の研究の進展を考えると、一部において修正が必要であることは認めなければならない。特に、ベルリン・ジング・アカデミーの資料の内容が全く反映されていないため[3]、改訂された作品カタログの出版は、今後の最重要研究の課題と言えるだろう。しかしながら、細部において修正・追加が必要であるとはいえ、このカタログの存在によってベンダの作品資料がどこに存在しているかについて、その大体を把握できることの意義は大きい。

 ベンダの手稿譜資料が多く所蔵されている図書館・研究機関としては、ベルリン・ジング・アカデミー、メルクのベネディクト修道院音楽アルヒーフ、ブリュッセルの王立音楽院図書館、の3つをあげることができる。

 ベルリン・ジング・アカデミーに所蔵されている資料形成に関してはほとんど何もまだ分からない。ベンダの同僚でもあったファッシュおよびその弟子であったツェルターによって、ベンダの作品も含め、第1ベルリン楽派の作曲家たちの楽譜が蒐集されたと考えられるが(このコレクションは、グラウン兄弟の作品も膨大に含む)、具体的にいつ、またどのようなルートを通してコレクションに編入されたかは分かっていない。

 一方、メルクのベネディクト修道院音楽アルヒーフにベンダの手稿譜が多く所蔵されている理由は明確に分かっている。1778年から1787年にかけ同修道院の音楽監督を務めていたルーペルト・ヘルムが一時期ポツダムに滞在し、ベンダの許でヴァイオリンを学んでおり、その際に筆写した楽譜を持ち帰ったことでその資料が形成されたことが分かっているからだ。近年注目されつつある低地オーストリア修道院における北ドイツ地域の音楽の受容という観点からも、ベンダの作品がメルクの修道院に大量に所蔵されていることは興味深いと言える。

 ブリュッセルの王立音楽院図書館の資料に関しては、2つの可能性を指摘できるが、そのどちらも確かではない。1つは、エマヌエル・バッハの楽譜を蒐集したことで知られるヴェストファルのコレクションであったと言う可能性、もう1つは、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルスト(1739-1796)の孫であるヴィルヘルム・ルスト(1822-1892)が、ブリュッセルの図書館に祖父の資料を寄贈した際に含まれていたという可能性だ。確かにブリュッセルの資料はルストによって筆写されたベンダの楽譜(ルストがベンダの弟子としてポツダム滞在中に写したもの)がその大半を占めるため、後者の可能性は高いが、今後更に資料形成に関する研究を進めなければ明確な理由は分からない。

 この他にも、ベルリン国立図書館のプロイセン王室文化財資料室、ドレスデンのSchrank No:IIと呼ばれるザクセン王室の楽譜コレクションなどの中にも多くのベンダ作品の手稿譜が残されている[4]

エピソード[編集]

  • 自伝およびヒラーによる伝記によれば、アルトの声域を失ってベナートキの村にかえってきた頃、ベンダは第1市長の娘と恋愛関係にあった。「愛は私に何でもやらせた」ようで、その娘と結婚するため、ベンダは一時期、香辛料入りパンをつくるマイスターになろうと本気で考えた。当時ベナートキ村には香辛料入りパンをつくるマイスターがおらず、そのマイスターに自分がなれれば、村の議会で議員になれる可能性があると考えたためらしい。だがその後すぐに、当時仕えていたクライナウ伯爵からヴァイオリン修行のために支援金をもらったので、ベンダはふたたび音楽家を目指すべく、プラハへと旅立った[5]
  • ヘルマンシュタット(現在のルーマニアシビウ)で、クライナウ伯爵の従兄弟に無理矢理、その彼が将校を務める連隊で下働きをさせられることになった。当然そのことを快く思わないベンダは、ウィーンに連れて来られた際、当地の友人たちと共に脱走を図った。街々で演奏してなんとか食いつなぎら、追っ手の及ばない国境線の外の街、ブレスラウ(現在のポーランド)まで何とか逃げ延びた。そののち、ワルシャワ郊外の群知事の楽団に定職を得ることとなった[6]
  • 彼は謙虚な人柄で知られていた。英国人音楽歴史家チャールズ・バーニーは「真に偉大な天才が備えているべき謙虚さの全てを持っている」と絶賛しているほか、バーニーの『音楽旅行記』をドイツ語に翻訳したヨハン・クリストフ・ボーデもまた、ベンダの謙虚な性格に関する言及を、その翻訳の欄外註で行っている[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このオペラは、ヨハン・ヨゼフ・フックスによって作曲された。クヴァンツの報告によれば、そのオペラは100人の歌手と200人の器楽奏者によって、野外で上演された壮麗なもので、音楽の様式は劇場風というよりは教会風であったという。東川清一訳編「ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ」『音楽家の自叙伝―クヴァンツ/ベンダ/E・バッハ/ツェルニー』(春秋社、 2003年)、24-80頁、うち42-43頁。
  2. ^ Douglas A. Lee, Franz Benda (1709-1786), a Thematic Catalogue of His Works (New York: Pendragon Press, 1984)
  3. ^ これらの資料は、バッハ研究で「キエフ資料」と呼ばれているものと関わりがある。ベルリン・ジング・アカデミーの資料は、戦後の混乱の中ソヴィエト軍によって持ち去られ、長らく行方不明となってたが、ハーヴァード大学ウクライナ研究所の調査によって、これらの資料がウクライナのキエフに存在していることが明らかとなったのである。その後、1999年に学者による調査が許可され、早くも2002年には、政府間の合意によってドイツに返還された。バッハ関係の資料に関する整理は先行して行われたが、2010年にはジング・アカデミーの資料全体のカタログも完成した。以上の経緯は、カタログの序文に詳しい。Cf. Axel Fischer, Matthias Kornemann, eds., The Archive of the Sing-Akademie zu Berlin Catalogue (Berlin: De Gruyter, 2010), 13-17/111-115
  4. ^ Lee, op.cit., vii-xvi.
  5. ^ 東川『自叙伝』、96-97頁。
  6. ^ 同前、99-101頁。
  7. ^ 同前、138-140頁。

外部リンク[編集]