ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ
Johann Joachim Quantz
Solimena, Francesco - Johann Joachim Quantz 2.jpg
基本情報
生誕 1697年1月30日
神聖ローマ帝国の旗 ドイツ国民の神聖ローマ帝国
Flag of Hanover (1692).svg ハノーファー選帝侯領
オーバーシェーデン
死没 (1773-07-12) 1773年7月12日(76歳没)
神聖ローマ帝国の旗 ドイツ国民の神聖ローマ帝国
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svg ブランデンブルク選帝侯領
ポツダム
職業 フルート奏者、作曲家
担当楽器 フルート

ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ(Johann Joachim Quantz, 1697年1月30日 - 1773年7月12日)は、ドイツハノーファーの近くのオーバーシェーデンで生まれ、ポツダムで没した18世紀のヨーロッパを代表する名フルート演奏家で作曲家フリードリヒ大王のフルート教師として有名であり、そのエピソードの数々がフリードリヒ・ニコライ編著『フリードリヒ大王の逸話集』の中で報告されている(『音楽家クヴァンツについて』)。

年譜[編集]

シェーデンのクヴァンツ像

作品[編集]

300曲を超えるフルート協奏曲、約200曲のフルートを含む室内楽曲や無伴奏曲があり、今日でも演奏される。

外部リンク[編集]