フランソワ (アンジュー公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンジュー公およびアランソン公フランソワ

エルキュール・フランソワ・ド・フランス(Hercule François de France, 1555年3月18日 - 1584年6月19日)は、フランスアンリ2世と王妃カトリーヌ・ド・メディシスの息子。フランソワ2世シャルル9世アンリ3世、およびスペイン王妃エリザベートロレーヌ公クロードブルボン朝アンリ4世マルグリットの弟である。1560年エヴルー公、1566年アランソン公、1576年アンジュー公、トゥーレーヌ公、ベリー公に叙されたが、アランソン公の称号でしばしば呼ばれる。

生涯[編集]

長兄フランソワ2世以下、3人の兄は次々と若くして王位に就いては嗣子なしに早世しており、3番目の兄アンリ3世が1574年に即位した際には王位継承権者の筆頭(推定相続人)となったが、アンリ3世に先立って1584年に死去したため、成長した男子の兄弟のうち唯一王位に就かずじまいであった。アンリ3世は5年後の1589年に暗殺され、王家としてのヴァロワ家は断絶することとなる。

八十年戦争初期の指導者オラニエ公ウィレム1世はアンジュー公フランソワに対し、ネーデルラント連邦共和国の前身となるネーデルラント北部諸州連合の君主位に就くことを要請していた。

また、イングランド女王エリザベス1世との結婚の交渉が進められていたことがある。1579年にアンジュー公フランソワは求婚のため来英してエリザベスと面会しており、 エリザベスは彼が噂されていたよりは「それほど醜くはない」ので、「蛙 (frog)」の愛称をつけた[1]。エリザベスはこの求婚を真剣に考慮していたようで、アンジュー公が彼女へ贈った蛙形のイアリングを身につけている[2]。カトリックのフランス王族との結婚には反対論が非常に強く、結局この縁談は成立しなかった[3]1584年にアンジュー公フランソワは若くして死去し、この報を受けたエリザベスは悲しみ喪に服した[4]ジョン・ダウランドリュート曲「蛙のガリアルド」(Frog Galliard)のタイトルの蛙とは上述の仇名であり、この曲はアンジュー公フランソワとエリザベス女王の悲恋を題材にしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Frieda, 397.
  2. ^ Somerset, 408.
  3. ^ 石井(2009), 396-402, 410-412
  4. ^ ヒバート (1998b), 110

参考文献[編集]