ジョン・ダウランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・ダウランド(John Dowland, 1563年 - 1626年2月20日)は、イングランド作曲家リュート奏者である。

生涯[編集]

1588年にオックスフォード大学で音楽学士となった。宮廷リュート奏者を望むも、カトリック教徒であったため聖公会イングランド国教会)のイングランドでは受け入れられず、国外に職を求めた。ニュルンベルクヴェネツィアフィレンツェなどヨーロッパ各地を遍歴し、1598年から1606年にはデンマーククリスチャン4世付きのリュート奏者を務めた。

1606年にイングランドへ戻り、1612年に国王付きのリュート奏者となった。ダウランド自身は、その名のもじりである "semper dolens"(常に嘆いている)を標榜したが、陽気な人間であったと伝えられる。

作品[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

作品は声楽とリュート音楽に分けられる。宗教的な楽曲はほとんど見あたらず、愛や悲しみを歌う通俗作品が特徴的である。

声楽は世俗曲であり、1597年、1600年、1603年に歌曲集が出版され、80以上の作品が残されている。『流れよ我が涙英語版』(Flow, my tears)は当時のもっとも高名な歌である。 他にも、『さあ、もういちど愛が呼んでいる英語版』(Come again , sweet love doth now invite)は明るい曲調で、広く知られている。

リュート音楽は、ファンタジアパヴァーヌガリヤードジグなどの舞曲を含む、独奏ないし合奏の曲である。ダウランドの作品は広くヨーロッパで愛好され、多くの作曲家が彼のメロディーを元にして舞曲を残した。リュート曲の中でも「蛙のガリアルド」(Frog Galliard、歌曲としては『今こそ別れ英語版』(Now o now I needs must part))は有名であるが、タイトルの蛙とは、女王エリザベス1世がフランス王子アンジュー公フランソワにつけたあだ名であり、そのアンジュー公との悲しい別れを題材にした曲である(この曲は栗コーダーカルテットもリコーダーでとりあげている)。 

文学においても、『流れよ我が涙』がSF作家フィリップ・K・ディックにより、小説『流れよ我が涙、と警官は言った』のモチーフとして参照されている。

1973年、当時人気を博していたオランダのプログレッシブ・ロック・グループ、フォーカスのギタリストのヤン・アッカーマンがソロ・アルバム『流浪の神殿』でダウランド作品を数曲用いた。当時のLP解説を、異例にもバロックから古楽の大家皆川達夫が執筆、その功績を賞賛した。

1977年には、ダウランドの音楽が広く知られることとなる録音、アントニー・ルーリーアントニー・ベイルズヤコブ・リンドベルイナイジェル・ノースクリストファー・ウィルソンらの演奏によるリュート全曲集、およびルーリーとエマ・カークビーのリュート全歌集が世に出された。

2006年、ポップス界の大御所スティングが、ダウランド作品集『ラビリンス』(Songs from the Labyrinth)を発表して注目された。

日本では、リュート奏者つのだたかしの演奏や、つのだの伴奏による波多野睦美とのデュオによるリュート歌曲が知られている。つのだは自身のプロデュースする企業にダウランド アンド カンパニイと名づけている。また、村治佳織もギターでダウランドのリュート曲を演奏している。

録音[編集]

外部リンク[編集]