フェネチルイソチオシアネート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェネチルイソチオシアネート
識別情報
略称 PEITC
CAS登録番号 2257-09-2 ×
PubChem 16741
ChemSpider 15870 チェック
UNII 6U7TFK75KV ×
ChEBI
ChEMBL CHEMBL151649 チェック
特性
化学式 C9H9NS
モル質量 163.24 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェネチルイソチオシアネート(Phenethyl isothiocyanate, PEITC)はアブラナ科植物に存在するイソチオシアネートである[1]前立腺癌[2]等のがんに対する抗がん剤として研究されている[3][4]

生合成的にはグルコナスツルチイン英語版ミロシナーゼ英語版が作用することで合成される。

出典[編集]

  1. ^ Dictionary of Cancer Terms: PEITC”. アメリカ国立がん研究所. 2016年8月7日閲覧。
  2. ^ Wang, LG; Chiao, JW (2010). “Prostate cancer chemopreventive activity of phenethyl isothiocyanate through epigenetic regulation (review)”. International Journal of Oncology 37 (3): 533–9. doi:10.3892/ijo_00000702. PMID 20664922. 
  3. ^ Cheung, KL; Kong, AN (2010). “Molecular targets of dietary phenethyl isothiocyanate and sulforaphane for cancer chemoprevention”. The AAPS Journal 12 (1): 87–97. doi:10.1208/s12248-009-9162-8. PMC 2811646. PMID 20013083. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2811646. 
  4. ^ Kwon, Ki Han; Xu, Changjiang; Keum, Young-Sam; Khor, Tin Oo; Kim, Jung-Hwan; Huang, Mou-Tuan; Reddy, Bandaru S.; Li, Wenge et al. (2007). “Natural dietary phytochemicals: a promising future for cancer prevention and treatment of earlier lesion”. Cancer: Disease Progression and Chemoprevention: 109–126.