フィンランド大公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1662年のフィンランド大公国

フィンランド大公:Storfurste av Finland )は、近世から近代におけるスウェーデン=フィンランドスウェーデン王国)及び帝政ロシアフィンランドにおける君主号フィンランド大公国は、帝政ロシアにおいてロシア皇帝がフィンランド大公を兼任した同君連合下の立憲君主制国家にちなむ国名だが、それ以前のフィンランドは、スウェーデン王国の直接統治下に置かれていた。 帝政ロシア時代のフィンランド大公については、「歴代フィンランド大公」を参照のこと。

スウェーデンでは、1581年から1809年のフィンランド分離までスウェーデンの王族によって使用され、帝政ロシア時代は、ロシア皇帝(インペラトル)の称号の一部となった。フィンランド大公は、帝政ロシア時代を通じて1917年まで使用された。なお、1606年以前は、スウェーデンの王族及び貴族によって「フィンランド公」の称号も使用されていた。

スウェーデン時代のフィンランド大公[編集]

関連項目[編集]


Northern-Europe-map-extended.png この「フィンランド大公」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ