フィンランド公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィンランド公: Hertig av Finland)は、1284年から1606年までのスウェーデン=フィンランドスウェーデン王国)におけるフィンランドの領主としての称号。

北方十字軍後期にフィンランド南部を勢力下に治めたスウェーデンの王族及び貴族によって使用されたが、1581年にフィンランド公に代わり、フィンランド大公が君主号として用いられるようになったため、1606年を最後に使用されることはなくなった。フィンランド公ヨハン(後のスウェーデン王ヨハン3世)は、城塞トゥルク城に居を構え、トゥルクは事実上、フィンランド公領の首都として機能していた(トゥルクは、カトリック教会司教座が置かれており、古くからフィンランドの中心都市でもあった)。

主なフィンランド公[編集]