フィジー航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィジー航空
IATA
PC
ICAO
FAJ
コールサイン
FIJIAIR
設立 1967年
ハブ空港 ナウソリ国際空港
焦点空港 フィジーの旗 フィジー ナンディ
保有機材数 9機
就航地 12都市
本拠地 フィジーの旗 フィジー スバ

フィジー航空(フィジーこうくう、Air Fiji)はフィジーにかつて存在した航空会社。フィジー国内の島嶼間をむすぶ航空サービスを提供しており、一日に65便程度を運航していた。スバナウソリ国際空港ナンディナンディ国際空港をハブ空港としていたが、2009年5月1日に運航を休止している。

歴史[編集]

フィジー航空は1967年にエア・パシフィックとして設立されたが、1971年にフィジー・エアに改称され、その名称は1995年から使用されている。株式の55%をAviation Investmentsが保有し、11%をフィジー政府、34%をその他の株主が所有していた。従業員は2007年3月の時点で229人。

かつての就航都市[編集]

国内定期便

国内チャーター便

国際定期便

保有機材[編集]

フィジー航空のY-12型機

2008年12月の時点での保有機材は以下の通り。

関連項目[編集]