CNHインダストリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CNHインダストリアルN.V.
CNH Industrial N.V.
種類 公開有限責任会社
市場情報 BITCNHINYSECNHI
本社所在地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
オランダの旗 オランダ(登記上の本籍地)
設立 2012年11月(登記上)[1]
業種 輸送用機器
事業内容 商用車トラックバス)、建設機械農業機械など
代表者 セルジオ・マルキオンネ(会長)
リチャード・トビン(CEO
主要株主 エクソール英語版(26.97%)
外部リンク http://www.cnhindustrial.com/
テンプレートを表示

CNHインダストリアル (CNH Industrial) は産業機械商用車の製造・販売を手がける多国籍企業である。オランダで法人登記が行われ、イギリスロンドンに本社を構える。アニエッリ家の投資会社であるイタリアエクソール英語版が筆頭株主である。

歴史[編集]

フィアット・インダストリアル[編集]

2011年1月1日イタリアの自動車メーカー・フィアットから産業機械および商用車部門を分社化する形でフィアット・インダストリアルS.p.A.が設立された[2][3]。フィアット・インダストリアルは農業機械建設機械メーカーのCNHグローバルの株式の87.4%、トラックメーカーのイヴェコ、そしてフィアット・パワートレーン・テクノロジーズの工業・船舶事業を分離したFPTインダストリアルを保有する持株会社で、本社はトリノに置かれた。

この分社化でフィアット株1株につきフィアット・インダストリアル株1株に転換された。その結果、エクソールが30%の株式を保有する筆頭株主となった。

フィアット・インダストリアルはダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・インデックス英語版 (DJSI) のワールド・インデックスとヨーロッパ・インデックスで工業エンジニアリングのセクターリーダーに2年連続で選定されている[4]

合併[編集]

CNHインダストリアルN.V.は2012年11月にオランダで法人登記され[1]、2013年9月29日にCNHグローバルN.V.とフィアット・インダストリアルS.p.A.を吸収合併して営業を開始した。フィアット・インダストリアルの株主は同社株1株につきCNHインダストリアル株1株を受け取り、CNHグローバルの株主は同社株1株につきCNHインダストリアル株3.828株を受け取る。翌30日にはニューヨーク証券取引所イタリア証券取引所に上場した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b CNH Industrial (Formerly CNH Global)”. Who Profits. 2015年7月1日閲覧。
  2. ^ 伊フィアット、自動車部門と産業機械・商用車部門を分離”. ロイター (2010年4月23日). 2013年7月13日閲覧。
  3. ^ FIAT Industrial - FAQs The Group”. フィアット・インダストリアル. 2013年7月13日閲覧。
  4. ^ Fiat Industrial confirmed as Sector Leader in Dow Jones Sustainability World and Europe indexes for second consecutive year (PDF)”. フィアット・インダストリアル (2012年9月13日). 2013年7月13日閲覧。
  5. ^ Combination between Fiat Industrial S.p.A. and CNH Global N.V.”. CNHインダストリアル (2013年9月30日). 2015年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]