フアン・デ・ディオス・フィリベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアン・デ・ディオス・フィリベルト
Juan de Dios Filiberto.JPG
基本情報
生誕 1885年5月8日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノス・アイレス
死没 (1964-11-11) 1964年11月11日(79歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 ヴァイオリニスト作曲家
担当楽器 ピアノヴァイオリンギター
活動期間 1906年 - 1964年

フアン・デ・ディオス・フィリベルト(Juan de Dios Filiberto, 1885年5月8日 - 1964年11月11日)は、アルゼンチン出身のタンゴ作曲家

生涯[編集]

1885年5月8日、ブエノスアイレスラ・ボカ地区に生まれる。イタリア移民三世(イタリア系アルゼンチン人)であり、先住民のマプーチェの血も受け継いでいる。9歳から学校に通わず働き出した。若い頃に、無政府主義系の労働組合運動に参加したりしていた。オルフェオン・ロス・デル・フトゥーロ楽団(Orfeón, los del Futuro)を結成して、音楽活動にも精を出す。24歳の時に、音楽学校に通いバイオリンと音楽理論を学ぶ。その一方で、タンゴの曲「グアイマジェン」(Guaymallén)を作曲した。

1932年に、ラ・オルケスタ・ポルテーニャ楽団(la Orquesta Porteña)を結成した。この楽団はタンゴ以外の曲も演奏していた。1933年に、アルゼンチン最初の音声入り映画「タンゴ!」(¡Tango!)に登場。1964年に死去した。

ちなみに、フアン・デ・ディオス・フィリベルト作曲のタンゴ、カミニートCaminito)は、現在に至るまで、いろいろな楽団によって演奏され、日本では1961年度と1962年度のNHK紅白歌合戦歌唱曲になった。

五木寛之の小説『遥かなるカミニト』には、登場人物の女性がフィリベルトの人生について語る部分がある。

作品[編集]

外部リンク[編集]