ファンディ・アマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファンディ・アマド Football pictogram.svg
名前
本名 Fandi bin Ahmad
ファンディ・ビン・アマド
ラテン文字 Fandi AHMAD
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1962-05-29) 1962年5月29日(57歳)
出身地 シンガポール
選手情報
ポジション MF / FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1982 シンガポールの旗 シンガポールFA 113 (65)
1982 インドネシアの旗 ニアック・ミトラ 14 (3)
1983-1985 オランダの旗 FCフローニンゲン 36 (11)
1986-1989 マレーシアの旗 クアラルンプールFA 46 (30)
1990 ギリシャの旗 OFIクレタ 0 (0)
1991-1992 マレーシアの旗 パハンFA 12 (7)
1993-1994 シンガポールの旗 シンガポールFA 34 (17)
1996 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC 17 (5)
1997-1999 シンガポールの旗 SAFFC 60 (32)
代表歴
1978-1997 シンガポールの旗 シンガポール 101 (55)
監督歴
2000-2002
2003-2006
2006-2010
2012-2013
2014-
SAFFC
ヤング・ライオンズ
ペリタ・ジャヤFC
ジョホールFA
シンガポール・ライオンズXII
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファンディ・アマド(Fandi Ahmad, 1962年5月29日 - )は、シンガポール出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

代表[編集]

1978年、16歳でシンガポール代表の試合に出場。これは当時の最年少記録である(2007年にハリス・ハルンが更新)。代表では通算100試合に出場し50得点を記録した。1993年から1997年までは主将も務めた。

ヨーロッパでの活躍[編集]

1982年にオランダアヤックス・アムステルダムからトライアルを経てオファーを受けるも、言葉や環境面で適応困難と見て拒否。代わりにインドネシアのニアック・ミトラに入団した。しかし翌年の1983年にFCフローニンゲンと契約し、1985年までエールディヴィジでプレーすることとなる。加入初年度となる1983/84シーズン、チームは初の欧州舞台となるUEFAカップに出場。ファンディは2回戦1stレグのインテル戦で1得点を挙げ、2-0の勝利に貢献するなど1年目は29試合に出場し10得点を記録した。[1]翌シーズンは15試合2得点。ファンディがフローニンゲンで与えたインパクトは大きく、1999年に同クラブでプレーした最も偉大な選手25人の中の1人に選ばれ殿堂入りも果たす。2003年には20世紀のクラブ歴代ベストイレブンにも選出された。1986年に再びアヤックスからオファーを受けるもアジアへの復帰を選択した。1990年にギリシャOFIクレタに加入するも僅か数ヶ月で退団。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
テリー・パスマナタン
サッカーシンガポール代表主将
1993-1996
次代:
デビッド・リー
先代:
デビッド・リー
サッカーシンガポール代表主将
1996-1997
次代:
リム・トンハイ