ファストウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファストウェイ(Fastway)は元モーターヘッドのエディ・クラークと元UFOのピート・ウェイによって1983年に結成されたNWOBHMヘヴィメタルバンドレッド・ツェッペリンに影響された古典的ハードロック色の強い楽曲が特徴である。

来歴[編集]

  • エディ・クラーク(ギター)とピート・ウェイ(ベース)の名前からファストウェイと名付けられるが、契約上の問題からピートはデビュー前に離脱。ドラムスは元ハンブル・パイのジェリー・シャーリーが、ヴォーカルは、ジャニス・ジョプリンに影響を受けた無名の新人、デイヴ・キングが担当。
  • 1988年、2代目ヴォーカリストのリー・ハートが加入。脱退したデイヴは、後にマンディ・メイヤー(元エイジア・現ゴットハード)と共にカトマンドゥを結成する。
  • 『ON TARGET REWORKED』(1997年)を最後に、エディとリーは袂を分かち、後にエディは、メンバーを一新した新生ファストウェイを立ち上げる。
  • 2007年LOUD PARKにて久々の来日を果たす。
  • 2008年サクソンとのカップリングでの来日が発表されたものの、キャンセルとなった。

ディスコグラフィー[編集]

  • Fastway (1983)
  • All Fired Up (1984)
  • Waiting for the Roar (1986)
  • Trick or Treat (サウンドトラック、1986)
  • On Target (1988)
  • Bad Bad Girls (1990)
  • Say What You Will - Live (1991)
  • On Target Reworked (1997)
  • The Collection (2001)
  • Fastway/All Fired Up remastered (2003)
  • Waiting For The Roar remastered (2005)

外部リンク[編集]