ピエール・モンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・モンテ(1966年)
プスセンネス1世の黄金マスク(1940年にモンテが発掘)

ピエール・モンテ(Jean Pierre Marie Montet, 1885年6月27日 - 1966年6月19日)は、フランスエジプト学者

略歴[編集]

フランス東部、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ローヌ県ヴィルフランシュ=シュル=ソーヌに生まれる。リヨン大学において、エジプト学者のビクター・ロレに師事。

1921年から1924年にかけて、レバノンビブロス(現在のジュベイル)で発掘活動に従事し、エジプト中王国時代の支配者の墓を発掘した。また、1929年から1939年にはエジプトタニスで発掘活動に従事し、第21王朝および第22王朝の王室のネクロポリスを発見した。そこでの発見は、王家の谷にあるツタンカーメンの墓とほぼ同じであった。1939年から1940年に従事したエジプト発掘において、モンテはタニスの3人のファラオプスセンネス1世アメンエムオペトシェションク2世)の完全に損傷の無い墓と、部分的に略奪されたタケロト1世の墓を発見した。タケロト1世の墓には、タケロトの父オソルコン1世の金のブレスレットとハート・スカラベが含まれていた。モンテはまた、完全に略奪された状態のオソルコン2世の墓と、部分的に略奪された状態の王子ホーナハト(オソルコン2世の息子)の墓も発見した。1940年5月、第二次世界大戦が勃発した影響で、発掘作業を中断。戦後、モンテはタニスでの発掘活動を再開し、1946年にプスセンネス1世に仕えたウェンジェバウエンジェドの損傷の無い墓を発見した。

大学教員としては、1919年から1948年までストラスブール大学でエジプト学の教授を務め、その後1948年から1956年までパリコレージュ・ド・フランスに勤務した。

1966年6月19日、パリにて死去。

参考文献[編集]

  • Treasures of Tanis
  • BBC『Lost Cities of the Ancients』
  • WGBH-TV 制作ドキュメンタリー映像『The Silver Pharaoh』(2010年)
  • 「Je m'appelle Byblost」 - in 『Je m'appelle Byblos』p.255(ジャン=ピエール・ティオレ、2005年)ISBN 2-914-266-04-9