ビャルケ・インゲルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビャルケ・インゲルス(Bjarke Ingels、1974年10月2日 - )は、デンマーク生まれの建築家。

Bjarke Ingels Groupの設立者でありクリエイティブディレクター

経歴[編集]

1974年にデンマークに生まれ、幼少期は漫画家を目指していたが18歳の時に建築の道を志す。デンマーク王立美術院及びカタルーニャ工科大学で学び、OMAを経て2001年にジュリアン・デ・スメドと共同で建築事務所PLOTarchitectsを設立。その後PLOTarchitectsを解散し2005年にBjarke Ingels Groupを設立する[1]。 2021年までに500人以上の国際的組織に成長し、8 House、マンハッタンのVIA 57 West、Google North Bayshore本社(Thomas Heatherwickと共同設計)、Superkilenなどの著名なプロジェクトを実施。Amager Resource Center(ARC)の発電プラントは、建物の屋上にスキー場、外壁にボルダリングゾーンの両方を組み込んで大きな話題を呼ぶ。

2009年以来、数多くの国際設計コンペで勝利する。2012年にニューヨーク市に移った。VIA 57 Westをはじめとし、マンハッタン及びアメリカ全土の開発プロジェクトに関わる。

2011年、ウォールストリートジャーナルではイノベーターオブザイヤーに選ばれ、2016年にはタイム誌が彼を最も影響力のある100人の1人に指名した。

デンマークでは2000年代に完成した、コペンハーゲン郊外のen:VMHousesen:Mountain Dwellings[2]という2つの革新的な集合住宅プロジェクトの設計で知られる。

2021年にはトヨタ自動車静岡県裾野市に建設中の実験都市ウーブン・シティの都市設計を担うことが発表された[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

典拠[編集]

  1. ^ Ingels, Bjark (November 5, 2009). BIG. Yes is More. An Archicomic on Architectural Evolution. O'Reilly & Associates. ISBN 9783836520102 
  2. ^ Mountain Dwellings by BIG”. Dezeen. 2009年10月20日閲覧。
  3. ^ “トヨタの未来都市、2月23日着工「ウーブン・シティ」10の疑問”. 日経TECH. (2021年2月21日). オリジナルの2021年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210224031935/https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01537/00018/ 2021年2月21日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]